活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

養護の先生達向けの研修会にて

2018/04/20インストラクターより

研修会で講師を務めました
~インストラクター野田京子~

いつも皆さんの報告を読ませていただくばかりで、なかなかご報告できずにおりました。

きょうは、ボランティア活動の中で高齢者の方にTTを体験していただいた事例と、研修会の講師としてTTの講座をした事例について報告させていただきたいと思います。

① ボランティア活動として
 わたしは、月1回実施される、「いきいきサロン」でボランティアスタッフとして高齢者の方々のお世話をしています。昨年12月に1時間弱の時間をもらえたので、TTの体験をしていただきました。参加者は四十数名。デモンストレーションはギター曲を使い、体験の時はわらべ歌のCDを使いました。皆さんとても楽しそうに、そして歌いながらTTをしていました。シェアリングでは、「気持ちいいね~。」「あったかくなった。」などの声が聞かれました。そして、1月には、スタッフ仲間から「今月もやってほしい。」と言われ、2回目をすることができました。参加者にもスタッフにも好評でした。残念ながら写真を撮る余裕がなくて画像はありませんが、皆さん笑顔で、ほっこりと温かい時間が持てました。

② 保健主事と養護教諭の先生方の合同研修会の講師として(2月21日 参加者39名)

 養護の先生から、研修会の講師を依頼されました。「研修会の内容についてアンケートをとったら、〈教室で使えるリラクセーションなどを教えてほしい〉というものが多く、野田SCから聞いたTTを思い出した。ぜひ教えてほしい。」というもので、1時間半使っていいということだったので、「優しくふれてエンパワーメント~タッピングタッチでメンタルヘルスケアを~」と題して、基礎講座の内容を網羅して実施しました。

以下の感想にあるように、「保健室で使える!使いたい!」と大好評でした。少し長いですが、感想をまとめてくださったので、その全部を載せさせていただきます。

(以下タッピングタッチはTTと表記)

○感想

・TTというものを初めて知りました。マッサージとは違った「心」メインのものだと感じました。掌が温かくとても癒され、ベビーマッサージを自分の子どもにしてあげていた時のことを思い出しました。

 人の手には癒しの効果があることを再確認しました。学級でも(先生同士でも)できるのではないかなと思います。

・TTと聞いて、最初はさわられるのはいやだなと思っていました。なので、最初にする側をしました。やっているうちに自分も癒されて、いい人になった気持ちになりました。だから、自分も絶対にやってもらおうと思い、やってもらうと眠ってしまいました。癒しの効果絶大です。乱暴者の○○ちゃんにやってみたいです。

・TTについては初めて知りました。心と体のケアになることを体験できました。学級の子どもたちだけでなく、教職員にも広めていきたいと思います。

・TTを体験できると聞き、いつもの会よりいっそう楽しみにしてきました。お話を聞いた後、実際にしてもらい本当にリラックスできました。怒りをコントロールしたり、心の落ち込みを抱えて行き詰まったりしている子に、わたしもTTをしてあげることができればと思います。

・TTをする側、される側を体験できてよかったです。「ケアされている」という感覚がとても心地よく感じました。子どもたちへの対応でも、「触れる」を意識できればと思います。

・以前野田SCからTTのことを少し聞いたことがありましたが、どんな方法かまでは聞けていなかったので、今日聞くことができてとてもうれしいです。実際にTTをしてみて安心感を味わうことができ、子どもたちにもその安心感を与えてあげたいと思いました。ぜひ、学校でやってみたいと思いました。

・TTについて初めて知りましたが、手法の一つとして保健室でも取り入れてみたいと思いました。ふんわり触れる手の温かさ、子どもたちにも伝えてあげたいです。

・体験させていただき、すごくリラックスできました。心と体を充実させることで、やる気がわいたり、向上心をあげたりすることができると身をもって感じました。生徒や周りの人に広げていきたいと思います。

・手軽にできるTTのやり方を教わり、教室でもすぐに実践できそうだと思いました。自分の学級の子も親子の関わりが適切でなく、それが学級での問題行動としてでることがあります。学級懇談会などで取り入れていくのもよいなと思いました。

・TTを初めて体験してみて、体全体があたたかくなり、安心感がありました。学校現場の中でスキンシップをとりたがる児童(家庭でのスキンシップが足りない?)に、機会があれば保健室で行ってみたいと思いました。授業の中で行うのもいいかなと思います。

・TTで心も体もリラックスし、癒されました。子どもたちにもしてあげたいです。

・2月に入り学校が忙しく、自分自身がリラックスできていませんでした。今日、TTをしてもらっているときの背中のぬくもりが気持ちよかったです。してくださった先生の手は少し冷たいのに、背中はすごく温かくなりました。

・TTで、した方もされた方も癒されました。

・TT、とても心が落ち着きました。子どもたちとしてみたいと思いました。それから、90歳の母にもしてあげたいと思いました。

・体にふれられることがこんなにも癒されて、心も体もリラックスできると体感できました。保健室にふらっと来る子どもたちにもしてあげたいなと思います。こんなに癒された研修は初めてでうれしい時間でした。

・初めてTTを経験しました。トントンという軽いリズムは心拍のようで、優しい音楽と温かい手、そして母のおなかにいるような心拍に近いリズムに包まれて、とてもここちよかったです。

・今日、TTを知ることができてとてもよかったです。子どもに限らず、職員に対してもとても有効なものだと感じました。リラックスできて気持ちよかったです。

・今日の研修で新任の時に先輩の養護教諭から言われた「てあて」について思い出しました。〈痛いところに手を当てる、それだけで安心できる。自分のことを受け入れてくれたと子どもは思う。だからてあてって大切なんだよ。〉と教えていただきました。TTにも同じような意味があると思いました。

 日頃、SCとして配置された学校の養護の先生とは連携しながら活動していますが、年に何度か訪れる小学校などでは、相談を受けたときにTTを紹介することはあるものの、なかなか体験していただく機会がありませんでした。これを機に、学校内外で体験会の機会を作り、広めていこうと思いました。

 感想の中で、「さわられるのはいやだ」と思っていた先生が「絶対に自分もやってもらおう」と思うようになり、最後は「癒しの効果絶大」と書かれているのがとても印象的で、それがタッピングタッチだと思いました。

一覧に戻る