活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

タッピングタッチのへや@Umiのいえ

2020/02/13インストラクターより

こどもとトントン  タッピングタッチのへや@Umiのいえ~インストラクター 梅津花 鳥取県~

1月15日、横浜帰省のタイミングと重なったので、行ってきました
トントンぽこぽこほんわり。

のんびりトントンしあう。
たったそれだけのことだけど、心も体もゆるんで優しい気持ちになる。

お腹にいるときからタッピングタッチを受けている娘。するほうも上手になって来て今回は参加者さん、実習の学生さんに順番にトントンして回ってました
「こどもを抱っこしたときにぎゅっと抱き返してくれるようになって、それが今幸せです」
参加者さんがこう話してくれました。触れる、触れられることによる癒しの原点だなぁと思いました。
子供に触れる手、家族に触れる手、隣の誰かに触れる手、その手がふわっと柔らかい優しい手だったら、それだけで十分に癒す力があると思うのです。


忙しい中では忘れがちではあるけれど、大事にしたい時間だなぁと再確認したひとときになりました。

タグ:

鹿児島 奄美大島にて体験会を開催

2020/02/13インストラクターより

奄美大島にて体験会を開催のご報告 ~インストラクター 角田圭子 兵庫県~

奄美大島にて1月26日にタッピングタッチの体験会を行いましたので報告したいと思います。

私は心理士で場面緘黙(かんもく)児支援のためのネットワーク団体の代表をしています。今回かんもく奄美主催さんから「場面緘黙の勉強会」の要望があり、あわせてタッピングタッチの体験会を実施しました。
————————————
・参加者 18名(支援者1名・医療4名(看護師3、ST1)・行政1名・教育5名・福祉2名・その他5名)
・タッピングタッチを初めて知った方が多かった。
・リラックスする。人のぬくもりが伝わって心まであたたかくなる。ポカポカする。安らぐ。他の人にもしたい。帰宅後家族にしたら、大好評だった、子どもたちともお互いにケアしあい、素敵な時間が作れてます。また学ばせていただきたいです。という声をいただきました。

また1月28日発行の南海日日新聞に取り上げていただきましたのでぜひご覧ください。

タグ:

トントンし合って、みんな笑顔にータッピングタッチ

2020/02/13インストラクターより

JA神奈川中央会の研修にてタッピングタッチ ~インストラクター 中田利恵 神奈川県~

12月3日、横浜の日本大通りにあるJA神奈川中央会主催のたすけあい組織研修「ふれあいのある高齢者支援のために」タッピングタッチをお伝えしました。

研修の参加者は、それぞれ地元の農協組織の研修担当者の方で、下部組織の人数を数えると何百人、家族まで入れると何千人という規模になるということで、とても大切な研修の場でした。
「最初はこんなタッチで何か変わるの?と思っていたけど、本当に身体が温かくなって驚いた!」
との感想が聞かれ、ぜひ、たすけあい会員さんに伝えたいと言っていただきました
皆さんタッピングタッチの体験は初めてでしたが、その良さを実感され、今後の研修に生かしていきたいとのお話しでした。会員の高齢化が進み、研修が難しいという悩みを抱えていらっしゃり、タッピングタッチはとてもタイムリーな研修となったようです。

今回は、タッピングタッチ協会への依頼での講座でした。千葉から柴田さん、長野から渡邉さんがアシスタントとして加わって下さり、心強く、助かりました。
今後のJAでの拡がりも楽しみです。
 

タグ: