活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

自主練の成果ありました「ねこの足ふみバージョン」

2021/09/23インストラクターより

なんと10回目になりました「みんなでzoomでセルフタッピングの会」(TTフレンドシップinOSAKA)レポートします😄

9/17(土)21:30~22:10、zoomからのプレゼント🎁があって、分かち合いの時間を少し長めにとることができました。
参加人数は参加者3名+運営メンバー6名=9名でした。
zoom係:清水さん、ガイド:鈴木…前回もガイドを担当させてもらったのですが、いろいろ改善したいポイントがあった😅ので、再チャレンジさせてもらいました😁

「ガイドの声が聞こえなかった」というところは、音声共有とガイドのオーディオ設定をいろいろ試して、これがいいのかな、という設定を共有。
Zoom係デビューの清水さんにも準備してもらってほとんどの方が大丈夫😃✌️でした。
それから、前回うっかり飛ばしてしまったネコの足踏みバージョンセルフの最初の呼吸法は、何回か自主練して、当日はとりあえず落ち着いて(笑)。
「(前回のうっかりバージョンより)やっぱり呼吸法をやってからの方がより心地良かった」という意見をもらって、この流れの意味を実感。すごく参考になりました。
今回はイスではなく、下に座って参加されていた方もあったとのことで、そこまでは考えてなかったな~、Zoomって相手の方の環境への配慮というか、声掛けもあったほうがいいんだな、という気付きももらいました。
写真撮影も、名前を消せるバージョンに澤田さんがチャレンジしてくれて、バッチリでした🙆‍♀️

<皆さんの感想を紹介します!>
・ガイドさんの一言一言で、5ステップ腕だけ散歩から身体がほぐれていくのが良かったです。又、いつも頭のタッピングタッチがスッキリしていなかったのが、今日は頭が傾くのを支えるようにタッチする事を教えていただき、やさしく、そーっと支えると、とても気持ちが良かったです。
・力を抜くことはとても難しいので、(腕だけ散歩 5バージョン+呼吸)は緊張緩和にはとても有効だと思います。個人的には(ねこ足バージョンのセルフTTでは)、頚・頭部のソフトタッチはとても心地よく気に入っています。「思い浮かんだことを手放す~」「そのままでいいんだよ~」など穏やかなガイドにも促され、ココロとカラダが緩んだように感じました。手をはじめカラダ全体もあたたまりました。
・前半のリラックスが気持ち良くあくびの連続でした。呼吸法も良かったです。ガイドさんの、温かい癒しの熱量が半端なく伝わってきました。集団効果も毎回感じます。久しぶりぐっすり眠れました。
・遅れての参加でしたが、ゆったりした気分が味わえました。手のひらで目を包み込むのが気持ちよく、首の首のうしろもこってるなあーと気づきました。すてきな時間ありがとうございました。
・なかなか夜は参加出来にくいのですが、都合がついて皆さんとご一緒にT Tできて嬉しいかったです。5ステップも復習できて有り難かったです♪
(レポータ―:鈴木/神戸在住)

タグ:

一歩踏み出すには・・・

2021/09/07インストラクターより

9月2日に第6回看護とTTを語る会がオンラインで開催されました。

全国大会直後ということもあってか、参加者は全部で5名でした。

 最初は、自分の体調と最近あったちょっといい話で始まりました。
「休職して親の介護をしていると、主婦業は天気に左右されるなあと思った」とか、「全国大会で発表の機会を頂き、まとめることは大切で自分には嬉しいことだなと思った」とか、「依頼された原稿に「すてきな文章ですね」と言われ嬉しかった」こと、「全国大会で同じ地区で活動している方、インストラクター養成講座の同期の方に久しぶりに会えて嬉しかった」ことなどが話されました。こうやって、ちょっといい話で会を始めると、心がゆるっとして、前向きないい雰囲気になってとてもいい感じです。
そして、休憩がてら「 5ステップ腕だけ散歩」で体もゆるめてリフレッシュできました。

 さて、今回はTT活動の報告の予定がなかったので、8月28日開催の全国大会に関することから、話しをしていきました。

************************

 まず「ブレイクアウト時に男性(病院事務)から「資格はあるが職場ではTTをするチャンスがない。やりにくい、できない。」との発言があって、そんなインストラクターとの横の繋がりをもつことや、連絡をとることも必要ではないかと思い至ったので、根気と本気で、自分から動いてみようと思う」と発言がありました。

 また「看護」発表後のブレイクアウト時に男性から「興味はあるが専門職ということでハードルが高い」とあった。看護を語る会では参加者が専門職だけでなく、自分自身や家族の看護場面からTTを語ってもよいのではないかと思った。

 大会発表にあった大阪・兵庫の地域活動のように自立していけるグループがうまく出来ないかと思う。ズームは便利だが参加することはハードルが高い。先輩が引っ張ってくれることも必要では?

 仙台では地域のインストラクターが3か月毎に集まっていたが、コロナ禍で休止中。イベントの立案はしないが、講座開催時に助手をしてくれるメンバーを募ったり、参加協力を申し出たりの関係を持っていた。

 インストラクターで活動を始めるきっかけとして、「是非あなたと一緒にやりたい」といわれたら参加するのではないか。ホスピスやターミナルでやっている人への声掛けもどうか。

 各自が出来る範囲で、プレッシャーやストレスにならないようにが大事。ズームでやれる事もあるし、何人でもできる事を考えるのもいいかも。

 同期の人達への声掛けや集まりもいいのでは。

 自分より後輩のインストラクターとは関わりがないので、大会2日目で会えれば嬉しい。
 子育て家族支援講座のように公開にしたら、NSだけでなく看護に感心のある家族の「ケアギバー」なども参加するかも?

 一般の人の参加をどうするか。「語る会」発足時の原則はそのままに今はしたいと思っている。来月あたりにもう少し話会いましょう。

************************

・本日の参加者全員が全国大会1日目に参加していたため、インストラクターの活動発表のテーマであった「一歩踏み出しました活動発表」にまつわる意見交換となり、インストラクターの置かれている環境について考える機会ともなりました。

・前回は、看護者も「ゆるむ」事をもっと大事にして、この会への多くの看護者の参加について考えたが、今回は専門職だけでなく「看護におけるTT」の視点をゆっくりと検討できればと感じました。

・次回は10月7日(木)20時~21時半

タグ: