活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

ふれあう「手」に注目 五感を通したふれあいのコミュニケーションとは?

2023/01/19インストラクターより

ふれあう「手」に注目し、「手を通したコミュニケーション」五感を通したふれあいのコミュニケーションとは?
 
大阪市老人福祉施設連盟主催の年間学習会の2022年度のテーマだそうです。
この学習会の第3回で「言葉でのコミュニケーションが難しくなった方へのケア~タッピングタッチを通して」として、タッピングタッチの研修を行ったインストラクター鈴木貴子さんの報告です。
 
***************
大阪市内の特別養護老人ホーム等が加盟する大阪市老人福祉施設連盟主催の「特別養護老人ホーム看護師学習会」でタッピングタッチの研修機会をいただきました。
この学習会は年間を通した企画になっており、今年度のテーマが【ふれあう「手」に注目し、「手を通したコミュニケーション」五感を通したふれあいのコミュニケーションとは?】というものでした。
私は8月30日に行われた3回目の学習会で「言葉でのコミュニケーションが難しくなった方へのケア~タッピングタッチを通して」として、基礎講座Aの内容と、所属先で実施しているケアについて事例を通じてご紹介しました。
コロナ感染対策に奔走されている現場職員の方々が、その合間をぬって参加してくださる、それもこの時期に「ふれる」というテーマの大切さを学ぼうとされている…。凄いことだと思いました。そのお手伝いができることがとてもありがたいなぁと感じながら準備しました。
当日は、事務局の方も一緒に参加してくださり7名受講されました。
終了後にいただいた感想をご紹介します。
*タッピングタッチの方法を一から始めて学んだので、入居者さんに実践してみたいと思いました。
*難しくなく、簡単で、誰でもできるコミュニケーションだと思いました。
*やはりコミュニケーションは言葉だけではないということ。
*力を入れなくても癒し効果があるのだと思いました。
*手の力がちょうどいいのか不安だったけど、実践して慣れていきたいです。
*現場で実践できそう。
 
***************
 
大阪市老人福祉施設連盟のブログでも紹介されています。
当日の研修内容や様子が伝わってきます。
大阪市老人福祉施設連盟事務局の方のご感想も読めますよ。

タグ:

<ふれる>で拓くケア・・書籍の紹介・書評ぞくぞく!

2023/01/19協会より

昨年10月に北大路書房から出版された「<ふれる>で拓くケア タッピングタッチ」のことが、専門雑誌で紹介され始めています。

「おはよう21」中央法規 2023年1月号 新刊本紹介コーナー

 

 

 

 

雑誌『地域保健』(2023年1月号) 情報BOX
★ 書評コーナーで、いい感じで書いて頂きましたよ!

『〈ふれる〉で拓くケア タッピングタッチ』 評者 白井美樹(ライター)

 タッピングタッチとは、臨床心理学者である中川一郎氏が、長年にわたるアメリカでの研究や知見を生かした上で、2000年に開発したホリスティックケアだ。両手を使い、ゆっくり、優しく、丁寧に左右交互にタッチすることで、心身ともに健康であろうとする内なる力が働くようになり、大切な気づきが生まれ、より良い状態や関係性が育つとのこと。
 コツが分かれば、誰でもどこでも簡単にできるように工夫されており、安全性や有効性に関するエビデンスも豊富だ。そのため、現在では国内外において、個人や家庭での利用に加え心理・教育・看護・福祉・看護・被災者支援など、様々な分野でも利用が広がっている。
 本書では、そのタッピングタッチの開発の軌跡や基礎概念、専門分野での実践報告のほか、ワーキングブック的な要素として、基本動作や方法がわかりやすく綴られている。不安や緊張、痛み、ストレス反応などを和らげて、よりよいコミュニケーション作りや関係性の改善にもつながるということなので、この本でタッピングタッチのノウハウを知っておくことは、保健師の支援活動にも大いに役立つのではないだろうか。

「月刊ナーシング」Vol.43 No.2 2023.2 (Book Review 看護に役立つ本の紹介ページ)