タッピングタッチの種をまく

イメージ画像

あなたもタッピングタッチの種をまいてみませんか?

 タッピングタッチは、人から人へと自然に伝わり、広がっていく種のようなものです。その良さを体験すると、「あの人にしてあげたい」「あの家族に教えてあげたい」「みんなで出来たらどんなにステキだろう」というような優しい気持ちになり、タッピングタッチの種まきをしたくなることがよくあります。

 下記には、自分の生活や仕事にとり入れたり、より多くの人や家族に役立ててもらったりする方法をリストしてみました。
 ぜひ、タッピングタッチの種まきをお楽しみください♪

タッピングタッチのタネをまくには

  1. タッピングタッチの講座を受けて、基本や応用を学ぶ
  2. 家族や友達にしてあげたり、し合ってみたりする
  3. 本、CD、DVDなどを通して、理解を深める
  4. 地域の活動に参加する
  5. タッピングタッチを使って、被災者支援などのボランティアをする
  6. タッピングタッチ協会の会員になってサポートする
  7. 協会からグッズを購入したり、寄付をしたりして活動を支える
  8. 認定インストラクターを依頼して、地域で講座を開いてみる
  9. 認定インストラクターになって教えたり、講座を開催したりする

一覧へ戻る