活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

ケアすることを再考させられた気がします

2021/10/05インストラクターより

9月28日の晩、職場で基礎講座Cを行いました😊

私は普段、直接ケアする職員ではないのですが、今年に入ってから良いきっかけがあり、勤務先法人の特養フロアに定期的に足を運んでいます。その流れで、そろそろC講座も!と初めて企画、職員が3名参加してくれました。

いつもはご入居者のその時の姿勢にあわせて、できることをしている感じなので、今回あらためて、ケアタッピングの体験をガイドする流れを復習。

事務局からいただいた丁寧なアドバイスにも支えられて、うつ伏せ、横向き、仰向きなど、いろいろな姿勢で、どんな風にできるか試しながら、リラックスしつつ、楽しく実習できました😄

やってみて、される側がリラックスでき、する側も無理のない姿勢をとることが大切だと実感。
普段からヨガマットを敷いて体操などをしている場所だったので、大丈夫だろうと準備しましたが、やっぱり和室の方が良かったかな、と感じられたり、参加者からは、ベッドでもやってみたい等の声もあがり、次回に向けた工夫を考えてみたいと思います。

〈参加者の感想〉(抜粋)
・されている時はもちろん心地よいのですが、する側の方も最後は自然な呼吸ができるくらいリラックスできたのだと思います。させてもらいたい方のいろいろ顔が浮かびました。
・ケアすることを再考させられた気がします。「相手に変化を求めない」「大事だよ」と伝える。この二つは大切だと感じています。何かしらケアするとその結果を求めてしまう自分の思考に気づくことができました。
・実習をすることで、自分の身体もリラックスできました。新たな感情なんですが、相手がとても愛おしく感じられました。この感情が湧いてきたのは初めてです。何回も経験するたびいろんな感情に出会えます。
・ストレス社会のなかでゆっくりと過ごす時間がある人とない人、心が日々の作業に追われていたり、不安だったり、もともとの自分に返ることができるケアだと思いました。人は一人では生きていけません。その根源を教えていただいたと感じています。

タグ:

子どもが自由にしていい時間

2021/10/05インストラクターより

タッピングタッチ協会による子育て家族支援の活動であるZoomで「タッピングタッチで家族のじかん」が9月26日に開催され、福島、福岡、神奈川、愛知、千葉、静岡などから8組のご家族がご参加くださいました。2か月の赤ちゃんから小学校4年生までの幅広いお子さんたちと一緒にタッピングタッチを楽しみました。

 それぞれ自己紹介をしてから、セルフケアである「腕だけさんぽ5ステップ」をしました。体をほぐしてから腕だけさんぽに入るので、自然に乗ってできるのか、子ども達は、ズームの画面の中や画面からはみ出して、元気に腕だけ散歩に参加してくれました。スキップする子やダンスのように動く子もいて、楽しい腕だけ散歩になりました。
 以下シェアした腕だけさんぽの感想です。
・力を入れることばかりが良いように思っていたけれど、もっと自然でいいんだなと感じた。
・あくびが止まらなかった。8才の娘はダンスが大好きなので、楽しめたようだ。
・体がほぐれると、楽しくなるのだなと実感した。
・体がポカポカして、あったかくなった。

 次に、紙芝居「タッピングタッチのなかまたち」を読んでから、相互にする基本のタッピングタッチをし合いました。小学生はお母さんの背中にトントンお返しもできました。相手が赤ちゃんや小さい人のお母さんは、2回目の時はセルフタッピングをしました。

以下シェアしたタッピングタッチの感想です。
・最後のアヒルが気持ちよかった。
・リズムが心地よかった。
・6才の子どもが眠ってしまった。もうタッチしたりすることがなくなってきていたのに、素直に受け止めてくれた。
・あたたかさが気持ちよかった。
・自分にしてみて、自分の手のひらが温かいなと感じた。
・2か月の子どもにやったら、眠ってしまった。自分もあたたかい気持ちになった。

参加してみての感想です。
・子どもが大きくなると、恥ずかしくてだっこできなくなるけれど、タッピングタッチはできるので、親子のふれあいにいいと思う。良い時間がつくれそう。
・こんなに丁寧に子どもの体にふれたことはいつぶりだろうかと思った。ふれ合うことで、自分も落ち着けた。
・気持ちが落ち着いて、リラックスできた。こういう時間をとっていなかった。
・上の子どもにもやってみたい。
・子どもが自由にしていていいよと言ってもらえる講座で嬉しかった。ホッとする時間だった。
・スローな、日常にはない時間が娘や孫ともてた。次回は長女家族も一緒にまた参加したい。
 今回も、子どもたちにエネルギーをもらって、元気な笑顔につつまれた家族のじかんでした。
 次回は、タッピングタッチのポイントや効果も、もう少し丁寧にお伝えしたいと思っています。

タグ:

ほっこり会&三田を知る会 活動報告

2021/10/05インストラクターより

★ 2021年9月30日にほっこり会を開催しました

オンラインで行いました。参加者は5名。
軽く「腕だけ散歩5ステップver」で体をゆるめたあと「セルフタッピング」「ネコ足
バージョン」をおこないました。
緊急事態宣言も今日でやっとおしまいで、すがすがしい秋晴れの昼下がりの集まりでした。

【感想】
・あくび連発で、リラックスでき、とても気持ち良かった。
・とても柔らかく丸あるく流れていくようなガイドで、とてもゆったりした気分になった。
・ガイド役はまだまだ緊張して時間の配分が気になった。数やって慣れることかなと思う。
・ガイド役は時間配分が気になるけど、聞いている方は気にならない。自分に集中することができた。
・脚がすごく冷えていることを発見。やっているうちに少しずつ暖かくなった。
・昨日「すわってヨガ」体験して、いつも使わない筋肉を使ったからか今日は鈍い腰痛がある。以前、ひざ痛の時もトントンとタッピングタッチをするうちに痛みが軽減されたので、今回も固まらないようにゆるゆる腰を動かして、思い出してはトントンとタッピングタッチをしようと思う。
・自分がやりやすいクセがあるようで、指の先を使いがちだなと気づいた。
・緊急事態宣言も終わったし、次回は会場で集まって基本形ができるかも~!とかなり期待してます。

★ 2021年8月26日にほっこり会を開催しました。オンラインで行いました。

参加者は4名。講師は井上さんでした。全国大会のことで頭がいっぱい!!
で大変とおっしゃっていましたが、スムーズな進行でいつもどおり
ゆったりとした時間を共有できました。

近況報告
・頭がキンキンするほど忙しくしていたけれど、日常からケアする時間を
切り取ってこの時間(TTをする時間)をとれることがいいと思う。
・ワクチン2回目行ってきました。1日くらい痛みが出た程度ですみました。
・大阪で少人数ですが体験会をしました。TTがまるっきり初めての方がいらしたので、最初の説明をちょっと丁寧にしてみました。「思っていたよりもすごく良くて。覚えて帰ろう!」「頭がとても気持ちよかった」「自分でするのも効果あるのね」と喜んでくださったのでほっとしました。

感想(猫の足ふみバージョンをしました)
・エアコンのせいか体がだるい、足が重くてしんどかったのが、ちょっと楽になりました。
・首が固まっててゴキっとなった!
・神経痛がTTをするようになってだんだん楽になってきている気がする。
・音響係は進行役と別の人がした方が、音が不安定にならないと思うので、次回からそうしましょう。

オンラインでの開催も少しづつ慣れてきて、でもやっぱり早く基本形ができるように
なるといいね、と皆でしみじみしてしまいました。
全国大会の内容をいろいろと相談しながらのほっこり会でした。
発表はどうだったかなぁ・・・。

以上です。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

遠藤さつき

★2021年7月29日(木)オンラインで開催しました。(講師はインストラクターの角田さんです。)

 参加者はいつものメンバー5人と、初めて参加予定だった1人(仕事で最後の5分位だけ参加されました。) 近況報告では、
 ・クーラーが嫌いで部屋の温度が高く、いつも首にタオルを巻いて生活しています。
 ・コロナワクチンの1回目をしましたが、顔がほてる位で高熱は出なかったです。
 ・7月3日、福島県等の避難の方 5名参加で体験会をしてきました。1人は初めての方でした。

 タッピングタッチは「セルフタッピング」と「ねこの足ふみバージョン」をしました。感想として、 
 ・身を任せて良かったです。
 ・あくびが出ていて、体に力が入っていたのが緩んだ。
 ・あくびと涙が出て、船に乗っているみたい。
 ・頭のカチューシャの当たるところが凝っているのが分かった。
 ・タッピングタッチのCDの音楽が左右の音で交互に鳴っているのが分かった。
 ・ピアノが上手になったらタッピングタッチをピアノで弾いてみたい。
 ・頭がほぐれてきた。足先が温かくなってきた。
 ・運動不足の解消で運動をしたが、筋肉痛になっていた。
 ・タッピングタッチをして、楽になった。また手がポカポカしてきました。
 ・胸を広げる運動はいいですよ。とアドバイスをいただく。
 ・1ヶ月1回で首や肩が凝っているのが分かって良かったです。
 ・2週間のオンラインプログラムの参加後、寝る前にすると落ち着いて、
  体が緩んでよく眠れるようになった。

 終了間近に初参加の方がZoomに参加されましたので、

セルフタッピングの説明しながら、他のメンバーも一緒にしました。
最後に全国大会について、ほっこり会としての内容を相談しました。
だんだんZoomに慣れてきて、そばに皆が一緒にいるように話が出来ました。

★2021年6月24日(木)、ほっこり会&三田を知る会主催で体験会を開催しました。
ガイド役は認定インストラクターの井上志保美さんです。
参加者は6人。3名はオンライン、2名は市民センターの会議室、1名は市の地域福祉支援室の方が参加してくださいました! 支援室の方は、会議室の二人に合流したり、市民センターの別室に移動したりして参加されました。こんなことができるのも、リアルとオンラインの同時開催ならではです。

井上さんのガイドで「セルフタッピング」と「セルフTTネコ足バージョン」を行いました。Zoomでのセルフタッピングのガイド役は初挑戦で、いろいろ準備されてチャレンジされたそうです。初めてタッピングタッチを体験する方に対してわかりやすい説明があり、ゆったりとした時間を味わえました。以下、参加者とシェアした感想です。

・リラックスして、なんだか大きな船にのっていてゆられながら進んでるような感覚でした。
・タッピングタッチは、1か月に1回だけしかできていないけれど、1か月に1回のこの
時間があることで継続できている。この時間をとても大切に感じている。
・身体のどの辺が疲れてるとか、しんどそうとか、体の感じにやさしく注意を向けて、体をいたわり大切にできる、そんな時間を味わうことができた。
・やさしく自分の体をさわるという体験が、とても新鮮だった。瞑想に近い感じがして、深いリラックスを味わえた。すわってできるので、体にハンディがある方も、高齢の方も、子育て中の下でもできると思った。
・とてもリラックスできる時間で、いろんな方に体験してほしいなと感じました。またサロンの講師派遣など、住民さんにも紹介させてください。(地域福祉支援室の方)

★2021年5月27日(木) ほっこり会をオンラインで開催しました。
参加者はいつものメンバーの4人です。(講師は遠藤さつきさん)
音量・音楽の調整、画面の向き等率直な話が出来、和気あいあいで始まりました。
「セルフタッピング」「ねこの足ふみバージョン」をしました。
感想として、
・他の方がインストラクションをしていただくとタッピングタッチがゆったり出来ました。
・午前と午後タッピングタッチをしたので、直ぐに身体がポカポカしてきました。
・体験会を予定されている方は上手に練習されていました。皆さん一斉に拍手‼
時間の配分が難しいねという話では、慣れれば出来るようになりますよとアドバイス。
また、初心者がおられる時には、手の形、力の強さ、ゆったりした時間などを話しておくといいね!とざっくばらんに話し合えるほっこり会でした。

★2021年4月22日(木) オンライン4名の参加で開催しました。
インストラクターの角田さんの進行で、まずは恒例の近況報告。
3月4月と皆さん忙しくされていたようで、あっという間に桜が終わっていたねとの声が多かったです。その後、それぞれの場所で腕をブラブラしたり、背骨をゆらゆらしたり、身体をほぐすところから始まりました。
それからセルフタッピングをして、徐々に固まっていた肩や首がほぐれていきました。肩こりや首のこりが楽になってきた―との声がありました。続いて猫足バージョン。ゆったり、ゆっくりと自分自身を癒していく時間でした。久しぶりに自分のために時間を使った気分。とても心地よい時間を皆さんと共有出来ました。
 

★2021年3月25日(木) ウッディタウン市民センター会議室を起点にZoomで開催しました。
参加者は5人です。(講師は角田圭子さん)
最初は「腕だけ散歩」…ワカメのようにゆらゆらと身体をほぐしていきます。
また、桜の花のようにちらちらするようにほぐします。といった色々な表現で始まり、身体のあちこちがほぐれていくのが分かっていきました。次に「セルフタッピング」「足ふみバージョン」をしました。
感想として
・3月は決算で忙しく疲れていましたが楽になりました。
・コロナ禍でなかなか人に会えず、いつものメンバーとZoomで会い、一緒にタッピングタッチが出来るのが嬉しいです。
・講師は時間の配分が難しかったと話されましたが、メンバーは1時間の間に上手に進めて下さって有り難かったです。・最後の深めの息は、「色々な頭の中の考えを、新鮮な空気を取り入れるように鼻から吸って、要らなくなったものを、スーッと大地に
流すように口から吐き出す。そして自分のペースの息に戻すようにする」と聞き、なるほどとメンバーは感じました。

★2021年2月25日(木) zoomにてオンラインで開催しました。
セルフTTとネコ足Verを一音さん動画で、その間に「腕だけ散歩」を行いました。
(インストラクションは遠藤さつきさんです)
参加者は5名。
眠くて眠くてあくび連発という人、からだが緩んだ、ここが疲れていることに気が付いたという感想や、頭がスッキリ、視界がくっきりというような感想がありました。

★2021年1月21日(木) 初めてzoomにてオンライン開催しました。
参加者はいつものメンバー4名と、タッピングタッチがまったく初めて!という女性の方おひとり。あわせて5名での体験でした。
初めての方へ、うまく伝わるのか心配でしたが角田さんのやさしいアドバイスで「癒されました~」とおっしゃってくださったのでほっと一息。
画面に映ってないところで家人がうろうろしてそこだけが気になる・・・という自宅でするタッピングタッチあるあるがでましたが(^^;)
その後、猫足バージョンもしてみて、ひと時の癒しの時間を共有しました。
一人ではなかなかこういった時間を作れない(作ろうとしない?)けど、
オンラインでみんなと集まってできるのはありがたいです。
 
★2020年11月26日(木)いつもの4名で集まってタッピングタッチ行いました。
三田を知るの堺さんがパソコン映像を壁に投影してくださったので、一音さんの映像を流しながら、セルフタッピングのねこ足バージョン、基本形のデモの確認等を行いました。コロナ感染防止のため、インストラクションを減らす工夫を行っています。手指を消毒して二人組になって基本型、そして最後にセルフタッピングも行いました。また、今回はリラックス度がわかるというBiodotというシールを手に貼って、タッピングタッチを行いました。主観的なリラックス度とどう違うか?同じなのか?比べて感じてみるというのも、面白かったです(ただ、Biodotシールは皮膚温度に反応して色が変わる仕組みのため感染予防でのドアや窓の開閉で、室温にも反応してしまっていたようでした)。シールは厳密はありませんが、いつもとちがった感覚をたのしむことができたと思います。コロナ禍の中でも人と触れ合うことができ、ほっこりとした時間を過ごせました。
 
★2020年10月29日(木)のほっこりは4名の参加で相変わらずまったり、ほっこり
セルフタッピング、ねこあしバージョン、などなど。
近況報告をしてみたり、時間いっぱいタッピングタッチを満喫?!しました。
 
 

★2020年9月24日(木)三田市フラワータウン市民センター和室で行いました。参加者はいつものメンバー4人と初参加の男性1人の5人です。ブログはこちらより→活動レポート(ブログ) : タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 和室にて開催 –

 

★2020年6月25日(木) 新型コロナウイルスが始まって以来、初めてタッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会を開催する事が出来ました。ブログはこちらより→活動レポート(ブログ) : タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 始動~!!

タグ:

自主練の成果ありました「ねこの足ふみバージョン」

2021/09/23インストラクターより

なんと10回目になりました「みんなでzoomでセルフタッピングの会」(TTフレンドシップinOSAKA)レポートします😄

9/17(土)21:30~22:10、zoomからのプレゼント🎁があって、分かち合いの時間を少し長めにとることができました。
参加人数は参加者3名+運営メンバー6名=9名でした。
zoom係:清水さん、ガイド:鈴木…前回もガイドを担当させてもらったのですが、いろいろ改善したいポイントがあった😅ので、再チャレンジさせてもらいました😁

「ガイドの声が聞こえなかった」というところは、音声共有とガイドのオーディオ設定をいろいろ試して、これがいいのかな、という設定を共有。
Zoom係デビューの清水さんにも準備してもらってほとんどの方が大丈夫😃✌️でした。
それから、前回うっかり飛ばしてしまったネコの足踏みバージョンセルフの最初の呼吸法は、何回か自主練して、当日はとりあえず落ち着いて(笑)。
「(前回のうっかりバージョンより)やっぱり呼吸法をやってからの方がより心地良かった」という意見をもらって、この流れの意味を実感。すごく参考になりました。
今回はイスではなく、下に座って参加されていた方もあったとのことで、そこまでは考えてなかったな~、Zoomって相手の方の環境への配慮というか、声掛けもあったほうがいいんだな、という気付きももらいました。
写真撮影も、名前を消せるバージョンに澤田さんがチャレンジしてくれて、バッチリでした🙆‍♀️

<皆さんの感想を紹介します!>
・ガイドさんの一言一言で、5ステップ腕だけ散歩から身体がほぐれていくのが良かったです。又、いつも頭のタッピングタッチがスッキリしていなかったのが、今日は頭が傾くのを支えるようにタッチする事を教えていただき、やさしく、そーっと支えると、とても気持ちが良かったです。
・力を抜くことはとても難しいので、(腕だけ散歩 5バージョン+呼吸)は緊張緩和にはとても有効だと思います。個人的には(ねこ足バージョンのセルフTTでは)、頚・頭部のソフトタッチはとても心地よく気に入っています。「思い浮かんだことを手放す~」「そのままでいいんだよ~」など穏やかなガイドにも促され、ココロとカラダが緩んだように感じました。手をはじめカラダ全体もあたたまりました。
・前半のリラックスが気持ち良くあくびの連続でした。呼吸法も良かったです。ガイドさんの、温かい癒しの熱量が半端なく伝わってきました。集団効果も毎回感じます。久しぶりぐっすり眠れました。
・遅れての参加でしたが、ゆったりした気分が味わえました。手のひらで目を包み込むのが気持ちよく、首の首のうしろもこってるなあーと気づきました。すてきな時間ありがとうございました。
・なかなか夜は参加出来にくいのですが、都合がついて皆さんとご一緒にT Tできて嬉しいかったです。5ステップも復習できて有り難かったです♪
(レポータ―:鈴木/神戸在住)

タグ:

一歩踏み出すには・・・

2021/09/07インストラクターより

9月2日に第6回看護とTTを語る会がオンラインで開催されました。

全国大会直後ということもあってか、参加者は全部で5名でした。

 最初は、自分の体調と最近あったちょっといい話で始まりました。
「休職して親の介護をしていると、主婦業は天気に左右されるなあと思った」とか、「全国大会で発表の機会を頂き、まとめることは大切で自分には嬉しいことだなと思った」とか、「依頼された原稿に「すてきな文章ですね」と言われ嬉しかった」こと、「全国大会で同じ地区で活動している方、インストラクター養成講座の同期の方に久しぶりに会えて嬉しかった」ことなどが話されました。こうやって、ちょっといい話で会を始めると、心がゆるっとして、前向きないい雰囲気になってとてもいい感じです。
そして、休憩がてら「 5ステップ腕だけ散歩」で体もゆるめてリフレッシュできました。

 さて、今回はTT活動の報告の予定がなかったので、8月28日開催の全国大会に関することから、話しをしていきました。

************************

 まず「ブレイクアウト時に男性(病院事務)から「資格はあるが職場ではTTをするチャンスがない。やりにくい、できない。」との発言があって、そんなインストラクターとの横の繋がりをもつことや、連絡をとることも必要ではないかと思い至ったので、根気と本気で、自分から動いてみようと思う」と発言がありました。

 また「看護」発表後のブレイクアウト時に男性から「興味はあるが専門職ということでハードルが高い」とあった。看護を語る会では参加者が専門職だけでなく、自分自身や家族の看護場面からTTを語ってもよいのではないかと思った。

 大会発表にあった大阪・兵庫の地域活動のように自立していけるグループがうまく出来ないかと思う。ズームは便利だが参加することはハードルが高い。先輩が引っ張ってくれることも必要では?

 仙台では地域のインストラクターが3か月毎に集まっていたが、コロナ禍で休止中。イベントの立案はしないが、講座開催時に助手をしてくれるメンバーを募ったり、参加協力を申し出たりの関係を持っていた。

 インストラクターで活動を始めるきっかけとして、「是非あなたと一緒にやりたい」といわれたら参加するのではないか。ホスピスやターミナルでやっている人への声掛けもどうか。

 各自が出来る範囲で、プレッシャーやストレスにならないようにが大事。ズームでやれる事もあるし、何人でもできる事を考えるのもいいかも。

 同期の人達への声掛けや集まりもいいのでは。

 自分より後輩のインストラクターとは関わりがないので、大会2日目で会えれば嬉しい。
 子育て家族支援講座のように公開にしたら、NSだけでなく看護に感心のある家族の「ケアギバー」なども参加するかも?

 一般の人の参加をどうするか。「語る会」発足時の原則はそのままに今はしたいと思っている。来月あたりにもう少し話会いましょう。

************************

・本日の参加者全員が全国大会1日目に参加していたため、インストラクターの活動発表のテーマであった「一歩踏み出しました活動発表」にまつわる意見交換となり、インストラクターの置かれている環境について考える機会ともなりました。

・前回は、看護者も「ゆるむ」事をもっと大事にして、この会への多くの看護者の参加について考えたが、今回は専門職だけでなく「看護におけるTT」の視点をゆっくりと検討できればと感じました。

・次回は10月7日(木)20時~21時半

タグ: