活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

協会小冊子No.2(タッピングタッチの理論と実践)発刊!

2019/11/21お知らせ

待望の出版物のお知らせです!

2017年8月に仏教看護・ビハーラ学会で、中川一郎さんがワークショップと講演をさせていただきました。ワークショップはタッピングタッチの体験でもちろん大好評!

またその時の一郎さんの講演では、「タッピングタッチの長年の実践から見えてくるものが、仏教の開祖であるブッダの教えに重なる」といった内容で、最近世界中で注目されている「マインドフルネス」につながるとても興味深いものでした。

とてもよみやすくていい内容なので、許可をもらって学会誌に掲載されたものを編集して、タッピングタッチをより多くの方に、より深くより多角的に理解してもらえるよう小冊子にしました。

また巻末には、2018年の9月に一郎さんが勤める大阪経済大学で学生向けに書いたものと合わせて掲載されています。やさしい口調で今時の若者に伝えたいメッセージがつまっています。

現在グッズ購入システムを変更中で、まだ購入ページには掲載されていませんので、ご希望の方はお問い合わせのページから、ご注文ください。

「タッピングタッチの理論と実践」
      ホリスティックケアからみえるブッダの教え

     中川一郎 著 一般社団法人タッピングタッチ協会発行
     A5サイズ 74ページ 600円(税込)送料別

<「タッピングタッチの理論と実践-ホリスティックケアからみえるブッダの教え」の「はじめに」(中川一郎)より>

  タッピングタッチは、私が長年実践してきた臨床心理学、ホリスティック心理学、コミュニティ心理学などを基礎に、多くの人々と様々な専門家による実践を通して培われてきました。難病で絶望の中にいた人、慢性の痛みや苦しみをかかえていた人、死をまじかにした人達、多くの人たちとのふれ合いや出会いも含まれています。

 このブックレットに収録された『タッピングタッチの理論と実践:ホリスティックケアからみえるブッダの教え』は、仏教看護・ビハーラ学会の年次大会(2018)でのワークショップと講演の記録です。本文にあるように、タッピングタッチは仏教や宗教をルーツに持っていませんが、タッピングタッチの長年の実践からみえてくるものは、仏教の開祖であるブッダの教えに重なることです。

 タッピングタッチの体験は、人のあたたかさ、やさしさ、思いやりの気持ちなどを実感させてくれます。やさしい心でケアされるとき、人は深く癒され、安心と信頼感を取り戻していくことができます。相手を大切にする行為を通して、する側もされる側も、本来のやさしさや素敵な笑顔をとり戻して、とても嬉しい気分になります。

 さてこのような素朴な体験が、仏教の大切な教えとどのように重なるのでしょうか? ぜひ、このブックレットの本文と体験を通して、感じとって頂ければと思います。このブックレットに掲載されたもう一つの原稿「自己紹介とThe Quality of Life Improvement Program」も含めて、より豊かで健康な人生を歩むための一助になりますように。

神戸新聞「まち*えがお」に掲載されました

2019/11/21会員より

~優しくふれ合い心身ともに健康に~

神戸新聞「まち*えがお」第122号(10月1日発行)に掲載されました。

東日本大震災の避難者を対象とした交流会を開く市民グループ「三田を知る会」主催の「タッピングタッチを楽しむ集い」の活動の様子が紹介されています。

参加者のお一人から、タッピングタッチを交流会で経験し、家族でずっと使ってきていて、避難生活の中でいい家族関係を保つためにタッピングタッチがとても役立っていることを話してくれました

タッピングタッチが役立つことを実感し、会では昨年と今年、福島県の福島市、郡山市に出かけて、避難者の交流会を開いたおりにもタッピングタッチの体験を入れてくれています。その時には、福島県と宮城県の認定インストラクターさんがお手伝いしてくれました。

どんどんタッピングタッチに魅了され(^^)、代表の堺末廣さんと参加者のお一人は、タッピングタッチのインストラクターになろうと勉強中。

そして現在(2019年11月)、日本財団からの助成金を得て、福島県いわき市と郡山市で、台風19号の被災者を含む支援活動のひとつとして、タッピングタッチの体験会を開こうと企画中だそうです!!動きが積極的!

こんな風にタッピングタッチが心のケアに役立ち、人と人を繋げる交流、そしてお手伝いしている側のエンパワメントに役立っていってくれることが、嬉しいです。

 

タグ:

防災訓練でタッピングタッチ

2019/11/19インストラクターより

防災訓練でタッピングタッチ ~インストラクター 鈴木貴子 兵庫県~

晴天の11月10日(日)、京都市北区にある鳳徳小学校で行われた地震想定の防災訓練で、タッピングタッチの講習を行いました。佐々木興子さん、江頭秀明さん、松岡俊子さん、澤田淑子さん、上泰子さんがサポートしてくれました。

非常に大規模なもので、地区の全世帯を対象に行われ、13:00に発災、地区ごとにまとまって安全な経路を確認しながら避難所となる小学校のグラウンドに集合。その後、地区の代表者等が7班に分かれて避難所運営訓練をするという流れでした。タッピングタッチは班別訓練の1つとして企画されました。

老若男女あわせて30名ほどの方が参加され、基本型を中心に、70分の講習を行いました。

最初は不安そうだった参加者の皆さんも、体験を通じてほぐれ、「指先まで温かくなってきた」「気持ちよかった」と笑顔いっぱいになりました。最後の質問コーナーでは「いつ頃できたものなの?」「順番は変わってもいいの?」「毎日やったらいいの?」など、たくさん出していただいて、自分ごととして考えてくださっているなぁ、と嬉しくなりました。

タグ: