活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

看護職だって周囲を頼っていい

2022/08/09インストラクターより

2022年8月4日(木)20:00~21:30 「看護とTTを語る会」がオンラインで開催されました。6名のメンバーが参加しました。

話題提供は、菊地明子さんで「看護職者と介護」というタイトルで10年前に同居されていたお義母さまへの看護・介護体験をお話しいただきました。

看護面では疾病に関する管理、介護面では家事・入浴・排泄などでこの生活が始まった当初は「どうして私だけ」という思いが強かったそうです。しかし、徐々に「周囲の人や社会資源に頼ろう」という思いへ変化し、1人で抱え込まずに、家族に援助要請ができたそうです。

菊地さんはこの体験をもとに、「看護職者は周囲から頼られることが多いが、
看護職だって周囲を頼っていい、というメッセージを発信していきたい」と語っておられたのが印象的でした。

参加者からは、「TTをやってあげたくても日常のお世話で手一杯」という意見があった一方、「TTを説明して実施するのではなく、今できそう、というタイミングでやってみるのもいいかも」という意見もありました。

看護職者という立場からすると、訪問サービスはやることと時間に制約があり、ゆっくり時間をかけて、TTを導入することの難しさも語られました。しかし、介護をしている家族を労う姿勢、お話を聴こうとする姿勢、社会資源の紹介(関係機関へつなぐ)などの大切さを共有することで看護職者として初心に立ち戻ることができた時間となりました。

次回は9月1日(木)20:00からで、「入学したばかりの看護学生におけるタッピングタッチの効果」を予定しております。

タグ:

もう少しの辛抱!

2022/08/04インストラクターより

7月28日(木)開催のほっこり会(第31回)の報告

今回はご家族のことや体調のことで参加できない方が多くて、参加者は2名でオンラインでの実施となりました。
セルフケアの「5ステップ腕だけ散歩」と「ネコの足ふみバージョン」を行いました。以下は、感想です。

・タッピングタッチをすると、知らないうちに体が緊張していたことがよくわかる。
・いいとわかっていても一人ではなかなか実施できないが、定期の集まりがあると気楽に続けられる。
・被災者支援についてなど、これまでの活動についていろいろお話をきけてよかった。
・コロナ感染者数が落ち着いたら、またみんなでボランティアで出かけたいなと思った。もう少しの辛抱!

タグ: