活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

ただ一緒にいるだけのタッチで・・・

2021/07/01インストラクターより

6月27日の静岡県裾野市でのセルフケア講座についてご報告させていただきます。

定員15名、応募者15名(基礎講座Aの修了者9名、初めての方6名)。当日の参加者13名で、基礎講座Aの修了者7名、初めての方が6名でした。

広い会場を使用でき、窓を全開にして換気もよく、マスク着用のうえ検温・手指消毒をしてもらって始めました。

1.腕だけ散歩のショートバージョン「どこから来たんですか?」:ここで一気に和みました。
2.タッピングタッチ基本の説明:開発者(一音さん)、協会事務局長(祥子さん)の紹介。小冊子のp26にて、タッチのバリエーションの説明。一度だけペアになり、肩甲骨の内側に手を添えてもらいました。ただ居るだけのタッチを交互にしてもらう。「あったかーい!」の歓声が上がりました。

3.セルフタッピングCDを使用し、一音さんのガイドでセルフタッピングをしてもらいました。

最後に、感想を一言ずつ言ってもらいましたが、初めての方も何回目かの方も「癒やされた」「リラックスできた」「ウトウトしてしまった」「自分を癒やすのは大事ですね」という感想が多かったですが、初めての方の中でお二人、「肩が凝っちゃいました」と言われてしまいました。

セルフタッピングは、両腕を肩より上にあげての動作があり、初めての方には少々きついかもしれません。また真面目な方ほど「正しくせねば」と頑張ってしまい、力が入ってしまうかもしれません。このお二人には、次回、「疲れたらちょっと休憩してもらっていいですよ~」と自分にやさしく、頑張らないタッピングタッチの良さが伝わるように努力します。

インストラクター 志田瑞代(静岡県)