活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

みやざき中央新聞に連載中です

2017/05/19協会より

みやざき中央新聞 にタッピングタッチの記事が載りました。
2017年1月9日の関西カウンセリングセンターの講演をもとに記事が書かれています。

みやざき中央新聞 2017年5月1日 2693号
心にも、体にも、タッピングタッチ! その1
「ゆっくり、やさしくふれて『健康になろうとする内なる力』に働き掛ける」

一般社団法人タッピングタッチ協会代表 /臨床心理学者 中川一郎さん

2017年5月15日 2694号
心にも、体にも、タッピングタッチ! その2
「やさしいタッチで不安や緊張が和らぐ~震災の被災地で活躍」

その1、その2ということは、、、そう3回連載で記事が載りますので、気になる方は
こちら(みやざき中央新聞HP内のバックナンバーのページへリンク)を
チェックしてくださいね。試読・購読もできます。

記事は、タッピングタッチを通して社会に何を伝えたいか、をとてもよく理解し賛同してくださっているのだな、と思える内容にまとめられています。読みやすく、タッピングタッチを良く知っている方でも「そうだったんだ~」と新たな発見もあるかと思います。

がん支えあい交流会でタッピングタッチ

2017/05/19協会より

6月21日(水)に三重大学がんセンター がん相談支援部門主催で、「がん支えあい交流会」が開催され、その中でタッピングタッチをすることになりました。

三重大学医学付属病院にあるリボンズハウスでは、タッピングタッチを定期的に使ってきており、以前の交流会ではタッピングタッチコーナーを設けて、そこで中川一郎さんがタッピングタッチを紹介したことがあります。今年はタッピングタッチを十分体験してもらう内容となっています。

認定インストラクターの中西健二さん(臨床心理士、リボンズハウス担当)が、中川一郎さんと一緒に、がん患者さんや家族の方にタッピングタッチを定期的なケアの方法として、丁寧に取り入れてきたからでしょう。鈴木妙子さん(認定インストラクター)もボランティアとして何度も参加してきてくれています。全国でガン患者さんや家族への支援が必要な中、モデルとなる取り組みなのではないかと思います。