活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

「心・体の健康と防災セミナー」開催

2020/09/29中川一郎より

          ~コロナ過、災害時におけるセルフケアの重要性~

 2020年9月23日(水)大阪経済大学70周年記念館において「心・体の健康と防災セミナー」が開催されました。大阪経済大学では東淀川区と協力し、東淀川区民の健康増進と区民同士の交流づくりを目的に年間を通じて、様々なテーマを取り上げて実施しています。この日は中川一郎さんがテーマ「災害に備える心と体のケアータッピングタッチとセルフケア」で講演を行いました。コロナ過だけではなく台風被害等、複合的な災害が起きている現在、心身に様々な影響があると考えられています。そのサポート、セルフケアの重要性が高まる中、誰でも簡単にできるホリスティック(統合的な)ケアの方法の一つ「タッピングタッチ」を紹介。セミナー後半には全員で「腕だけ散歩」「ネコの足踏み」といった「タッピングタッチ」を参加者全員で体験しました。

※タッピングタッチ「ネコの足踏み」の動画はこちらから視聴できます。

大阪経済大学ホームページでも紹介されています↓

https://www.osaka-ue.ac.jp/information/news/detail-6181.html

タグ:

タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 和室にて開催

2020/09/29インストラクターより

ほっこり会開催のご報告~インストラクター 井上志保美 兵庫県~

 9月24日(木)13:00~15:00三田を知る会 ほっこり会は三田市フラワータウン市民センター和室で行いました。参加者はいつものメンバー4人と初参加の男性1人の5人です。

 初参加の方は、「タッピングタッチ こころ・体・地球のためのホリスティック・ケア」の本を持参して来られました。

 コロナの関係で窓は大きく開けたまま、感染予防で手指のアルコール消毒、マスクを付けたままで行いました。

 ほっこり会、初めての和室でのタッピングタッチです。最初は畳用低い椅子で、部屋一杯に広がって座って行いました。「セルフケアタッピング」、「基本型タッピングタッチ」、「タッピングタッチSelfcareネコの足ふみ2020ver1」を音声を鳴らしてしました。

 最後に和室でのタッピングタッチなので、バスタオルや手ぬぐいを利用して、ケアタッピングをしました。いつものタッピングタッチとは違って、横になりながらケアタッピングしていただいたのが、心地よく体が軽くなった感じです。

 初めて参加された方は、ひと皮むけたような感じです。また、本を読まれていて、マッサージみたいに力強いタッチなのかなあと思われておられましたが、こんなにソフトタッチで気持ちが良くなるのが不思議だと話されていました。

 膝が痛いから和室を敬遠していましたが、たまには和室を利用して、横になってケアタッピングをするのも良いかもしれません!!

次回のタッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会は

日時:10月29日(木)13:00~15:00

場所:三田市フラワータウン市民センター  ミーティングルーム

講師:井上志保美   です。

NPOネットワーク 2020年9月号に掲載されました!

2020/09/24協会より

 協会事務所がある三重県四日市市にある市民活動センターの機関紙「NPOネットワーク2020年9月号」にタッピングタッチオンライン講座の様子を掲載して頂きました。

「このコロナ禍においても、オンラインを通じてタッピングタッチを活用しようという協会の取り組みは、大変勉強になりました。」とありがたいお言葉を頂戴しました。

掲載ページはこちらより→NPOネットワーク202009-3
※なやプラザのウェブサイトでも広報誌の内容を紹介されています。ぜひご覧ください。↓

NPOネットワーク ’20/9月号

2019年12月号では、全国大会の様子も掲載してもらいましたよ!

NPOネットワーク ’19/12月号

 

 

田んぼでタッピングタッチ体験会開催!!

2020/07/16インストラクターより

田んぼでタッピングタッチ体験開催のご報告~インストラクター 吉田朋佳 千葉県~

6月28日(日)大人10人、小学生4人で自然の真ん中で一つの輪になって、久しぶりにリアルでタッピングタッチをやりました♪(基本のペアでやりたかったのですが、当日天気が悪く、時間が取れず出来ませんでした。)でも、4種類のタッピングを練習しているだけで、「リラックスしてきた」という声があがりました。

 そして音楽をかけて全員でわきあいあいと始まり、猫の足ふみで「今までよりゆっくり」と声をかけたら、全員が一斉に緩むのがわかりました。小学1年生の男の子はやってもらいながら寝ていました。

よかったー。
リラックスできたー。
これ家族でやるのいいですね。
音楽もいい。
やってもらいながら、やりながら涙が出そうになった。

などと、自然と感想を伝えてくれました。オファーしてくれた友達も目をキラキラさせて、「お願いしてよかったー。いいね〜、タッピングタッチ。

みんなでできてよかったー。
時間なくてもやってよかったー。
子ども食堂とかでやるのもいいねー。」と言ってくれました

お父さんと妹と一緒に参加していた小学6年生の男の子が、「家でお父さんとやります。留守番のお母さんにも。タッピングタッチのサイト調べてやります。」と言ってくれたのが嬉しかったです

そして、一人暮らしの人も「家でセルフやっています。教えてくれてありがとう。」と後日連絡をくれました。

自然に癒され活性化され、みんなで楽しい時間を過ごす田んぼ仲間には、タッピングタッチは必要ないのでは?と内心思っていました。

でも、触れ合う効果は大きかったです。みんなが喜んでいるのがわかりました。
70歳くらいの農家のおじいさんは、「俺見てるだけじゃだめ?」と言ったのですが、みんなに誘われてやったら上手でした。

娘が張り切って、でもていねいに教えてくれるので助かりました。(上の絵は、当日の様子を娘が描いてくれたものです)

とっても素敵な時間でした。
ありがとうございました。

タッピングタッチの輪が広がりますように!!

 
 

タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 始動~!! 

2020/07/02インストラクターより

ほっこり会開催のご報告~インストラクター 井上志保美 兵庫県~

 2020年6月25日、新型コロナウイルスが始まって以来、初めてタッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会を開催する事が出来ました。

 参加者は5名、30分おきに換気(入口を開ける)、終わりには部屋のテーブルや椅子の手拭きの消毒でした。感染リスクを考えて、マスクを付け、セルフケアを中心に行いました。
 インストラクターの発声が少なくてすむように「タッピングタッチによるセルフケアCD」や「タッピングタッチ Selfcareネコの足ふみ2020ver1」の音声を流してしました。
 手洗いや手指の消毒をして、マスクを付けたままでのタッピングタッチの基本型、とっても心地よく居眠りしそうでした。
 こうやって集まってするのは、家で一人でセルフタッピングするのとは違うなぁ、ゆっくり、ていねいにケアできるという感想がありました。

次回のタッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会は

日時:7月30日(木)13:00~15:00

場所:三田市フラワータウン市民センター ミーティングルーム

講師:井上志保美です。

 

タグ: