活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

TTフレンドシップinOSAKA 活動報告

2021/05/28インストラクターより

第4回『みんなでZoomでセルフTTの会』開催のご報告 ~インストラクター 鈴木貴子 兵庫県~
 
 3月26日(金)前回好評だったので、今回も【夜会🌃✨】に。もっと遅い方が仕事終わりで余裕をもって参加できるという声もあり、30分遅らせて、22:00スタートという、まさにZoomならではの企画となりました。
 参加者9名+運営メンバー6名=15名、初参加の方、リピーターの方、インストラクターさん、A講座のみ終了の方など、いろいろな方が参加してくださっています。今回は一音さんも参加してくださいました!Zoom係は澤田さん、ガイドは石田さんが担当してくれました。石田さんの「トントン、トントン」という優しい声がとても印象的で、その声を聞いているだけでも癒されました。
 今回はZoomから時間延長のプレゼントがありましたが、ゆったり癒された雰囲気を残したまま、ほぼ予定通り、接続から40分で終了しました。
<皆さんの感想をご紹介します!>
・一週間ぐったりと疲れていたのですが とても癒されてゆっくり眠れそうです。心の疲れもとれたように思います。
・夜のTTはプライベート感があり、より親近感を感じました。心も解放された気がします。大人の時間という非日常的な、時間でした。ありがとうございます。
・夜のタッピングタッチは一日の用事を済ませれば、後はゆったり出来るので良かったです。
・初めて参加出来ましたが、楽しかったです♪タッピングタッチの可能性が広がって素敵ですね。色々な集いも楽しいですが、今宵はリラックスモード全開でニヤニヤしてしまいました
・一緒に枕投げでもしたくなるような、楽しくあたたかい集いでした。タッピングタッチの仲間が増え、コミュニティが育っているようで、とても嬉しいです!またタイミングがあえば、参加させてもらいたいです。
・22時の静寂さが漂う中で、集中しながらもリラックスが出来ました。心が落ち着くってこんな感じなんだろうと改めて思いました。
回を重ねるたびに、更に一体感が増している気がします。ガイドさんと参加者の関係も違和感なく自然で、全員のチーム力アップを感じます。夜の時間は、自分に戻れる時間なので特に有難いです。
・夜10時という遅い時間にみんながあつまること自体がなんだか新鮮でした。TTしてるうちに、自分が小さな子どもになって優しくトントンしてあげてる気分になりました。
・石田さんの「トントン」かとても優しくて心地よくて安心できました。ガイドもスムーズでとてもよかったです。ありがとうございました。
・接続して最初に驚きでもあり、嬉しかったのが先に入室していた皆さんの笑顔です。本当に楽しみにしていたんだなぁという気持ちと私自身が「ほっ」としました。画面越しでしたが皆さんの優しさが伝わってきました。とても心地良い時間でした。今回の開始時間はとても良かったです。遅番の仕事を終え、ご飯を食べてもまだ交感神経優位な状態。いつもでしたらスマホを触ってゴソゴソしている時間です。リラックスできました。いつもより早く寝れました。
・やはり、“夜にZOOMで”というのがキモかと思います。普段、講座は昼にどこかの会場で開催されることがほとんどなので、日程その他の調整が必要になってきます。その点、オンラインの場合は時間さえ合えば気軽にどこからでも参加できます。セルフケアの利点とも言えると思います。
また、時間が短いこと、あまりディスカッションやコメントがないことも、参加しやすくしているのではないでしょうか。「もっとみなさんとお話ししたい」という気持ちもありますが、みんなで一緒に静かな癒やしの時間を持ち、すっと終わるというのが、私はとても気に入っています。
・初めてホスト役でのzoomだったので、少々緊張しました。それで、いつもと比べると違った緊張感があり、いつもより画面を観ることが多かったのですが、皆さんが笑ったり、あくびしたり…どんどんリラックスされてゆく様をみたり、またガイドの石田さんの優しい声だったり、そんなことにすごく癒された夜でした。
※この企画は短時間のため体験会や基礎講座の受講経験の方、そしてTTフレンドシップinOSAKA主催として、関西近辺の方を主な参加対象として実施しています。
※写真の掲載については参加者からご了解いただいております。

タグ:

ほっこり会&三田を知る会 活動報告

2021/05/27インストラクターより

★2021年5月27日(木) ほっこり会をオンラインで開催しました。
参加者はいつものメンバーの4人です。(講師は遠藤さつきさん)
音量・音楽の調整、画面の向き等率直な話が出来、和気あいあいで始まりました。
「セルフタッピング」「ねこの足ふみバージョン」をしました。
感想として、
・他の方がインストラクションをしていただくとタッピングタッチがゆったり出来ました。
・午前と午後タッピングタッチをしたので、直ぐに身体がポカポカしてきました。
・体験会を予定されている方は上手に練習されていました。皆さん一斉に拍手‼
時間の配分が難しいねという話では、慣れれば出来るようになりますよとアドバイス。
また、初心者がおられる時には、手の形、力の強さ、ゆったりした時間などを話しておくといいね!とざっくばらんに話し合えるほっこり会でした。

★2021年4月22日(木) オンライン4名の参加で開催しました。
インストラクターの角田さんの進行で、まずは恒例の近況報告。
3月4月と皆さん忙しくされていたようで、あっという間に桜が終わっていたねとの声が多かったです。その後、それぞれの場所で腕をブラブラしたり、背骨をゆらゆらしたり、身体をほぐすところから始まりました。
それからセルフタッピングをして、徐々に固まっていた肩や首がほぐれていきました。肩こりや首のこりが楽になってきた―との声がありました。続いて猫足バージョン。ゆったり、ゆっくりと自分自身を癒していく時間でした。久しぶりに自分のために時間を使った気分。とても心地よい時間を皆さんと共有出来ました。
 

★2021年3月25日(木) ウッディタウン市民センター会議室を起点にZoomで開催しました。
参加者は5人です。(講師は角田圭子さん)
最初は「腕だけ散歩」…ワカメのようにゆらゆらと身体をほぐしていきます。
また、桜の花のようにちらちらするようにほぐします。といった色々な表現で始まり、身体のあちこちがほぐれていくのが分かっていきました。次に「セルフタッピング」「足ふみバージョン」をしました。
感想として
・3月は決算で忙しく疲れていましたが楽になりました。
・コロナ禍でなかなか人に会えず、いつものメンバーとZoomで会い、一緒にタッピングタッチが出来るのが嬉しいです。
・講師は時間の配分が難しかったと話されましたが、メンバーは1時間の間に上手に進めて下さって有り難かったです。・最後の深めの息は、「色々な頭の中の考えを、新鮮な空気を取り入れるように鼻から吸って、要らなくなったものを、スーッと大地に
流すように口から吐き出す。そして自分のペースの息に戻すようにする」と聞き、なるほどとメンバーは感じました。

★2021年2月25日(木) zoomにてオンラインで開催しました。
セルフTTとネコ足Verを一音さん動画で、その間に「腕だけ散歩」を行いました。
(インストラクションは遠藤さつきさんです)
参加者は5名。
眠くて眠くてあくび連発という人、からだが緩んだ、ここが疲れていることに気が付いたという感想や、頭がスッキリ、視界がくっきりというような感想がありました。

★2021年1月21日(木) 初めてzoomにてオンライン開催しました。
参加者はいつものメンバー4名と、タッピングタッチがまったく初めて!という女性の方おひとり。あわせて5名での体験でした。
初めての方へ、うまく伝わるのか心配でしたが角田さんのやさしいアドバイスで「癒されました~」とおっしゃってくださったのでほっと一息。
画面に映ってないところで家人がうろうろしてそこだけが気になる・・・という自宅でするタッピングタッチあるあるがでましたが(^^;)
その後、猫足バージョンもしてみて、ひと時の癒しの時間を共有しました。
一人ではなかなかこういった時間を作れない(作ろうとしない?)けど、
オンラインでみんなと集まってできるのはありがたいです。
 
★2020年11月26日(木)いつもの4名で集まってタッピングタッチ行いました。
三田を知るの堺さんがパソコン映像を壁に投影してくださったので、一音さんの映像を流しながら、セルフタッピングのねこ足バージョン、基本形のデモの確認等を行いました。コロナ感染防止のため、インストラクションを減らす工夫を行っています。手指を消毒して二人組になって基本型、そして最後にセルフタッピングも行いました。また、今回はリラックス度がわかるというBiodotというシールを手に貼って、タッピングタッチを行いました。主観的なリラックス度とどう違うか?同じなのか?比べて感じてみるというのも、面白かったです(ただ、Biodotシールは皮膚温度に反応して色が変わる仕組みのため感染予防でのドアや窓の開閉で、室温にも反応してしまっていたようでした)。シールは厳密はありませんが、いつもとちがった感覚をたのしむことができたと思います。コロナ禍の中でも人と触れ合うことができ、ほっこりとした時間を過ごせました。
 
★2020年10月29日(木)のほっこりは4名の参加で相変わらずまったり、ほっこり
セルフタッピング、ねこあしバージョン、などなど。
近況報告をしてみたり、時間いっぱいタッピングタッチを満喫?!しました。
 
 

★2020年9月24日(木)三田市フラワータウン市民センター和室で行いました。参加者はいつものメンバー4人と初参加の男性1人の5人です。ブログはこちらより→活動レポート(ブログ) : タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 和室にて開催 –

 

★2020年6月25日(木) 新型コロナウイルスが始まって以来、初めてタッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会を開催する事が出来ました。ブログはこちらより→活動レポート(ブログ) : タッピングタッチを楽しむ集い ほっこり会 始動~!!

第2回看護職としてのTTを語る会

2021/05/13インストラクターより

 5月6日に第2回目の「看護職としてのTTを語る会」は参加者も増えて、とてもいい感じで開催されました。全部で10人の参加でした。今回は、腕だけ散歩の時間も入れて、かつ3人の方が報告をしてくれ、他に2名が次回以降に報告・・・となりました。

 みなさん大変な現場でありながら、試行錯誤しながらこんなにもタッピングタッチを使ってきてくれているんだなあ・・・と、ひとり事務所でじんわりしていました。

***********************************
2021年5月6日(木) 第2回看護職としてのTTを語る会
19:00~21:00
参加者:11名

1.自己紹介

 前回と同じく、今日のこの場で自分をこう呼んで欲しい名前を画面の左隅に表示することで、楽しさ、和やかさ、親近感が増しました。
 八木さんから本日の流れが説明され、チャットに張り付けておいて、各自から(1)自己紹介、(2)現在の仕事、(3)みなさんと共有できるTT活用があるかどうか、が話されました。
 ほんとうに様々な医療現場、教育機関、地域保健の場で活躍されているみなさんで、多岐に渡る看護分野での経験が豊富な方々ですが、専門現場でのタッピングタッチ活用は手探りであったり、悩んでおられたり、工夫が必要だったりの様子。
 この自己紹介のときに共有できる話しがある人を確認すると3人。あと2人が次回にとのこと。さて、実際はどんな話が?と期待が膨らみました。

2.ここで腕だけ散歩を5分

 前回、休憩もなし突っ走った(?)ので、今回はここで腕だけ散歩しましょうと5分ほど一緒に。八木さんがタイマーをかけて、各自に任せる形で。

3.看護現場でのTT活用エピソードの共有

 (KFさんから)精神科の病棟でタッピングタッチを導入しようとしてみました。病棟での導入はなかなか難しいなというのが感想ですが、自分としてはひとりひとりの特性を考えて、本当に「真面目に」やったと思います。しかしその真面目さが「硬さ」となり、もう一つ上手くいかなかったのかと今では思います。
 一方、他の単科病院に勤める看護師仲間から依頼があり、50人もの病院職員対象の講座が出来たのは驚きと嬉しいことでした。
 また精神障碍者の地域支援センターでの心のケアとして、息子と一緒にボランティアで「TT&マインドフルネス」の講座をしたりして、今は地域でのTT普及に目が向いています。活動を通して「ありのままの自分でいることの大切さ」を感じてきています。

 (IYさんから)4月に入学した大学生100人(うち男子6人)にTT基本型の体験講座をストレスマネジメントの講義の中ですることが出来ました。感染予防対策はしっかりとして。
 アンケート結果を見ると、「初めてのことで不安は大きかったが、やってみたらとてもよかった」という趣旨のものが大半。コロナになって1年ぶりに、人に触れられたとの感想や、手からの温かさを感じた、感謝の気持ちが出てきた、家族にやってあげたいなどの感想がありました。やはり仲間づくりや緊張の緩和、感謝の気持ちなどの効果がすごいなと思いました。

 (KCさんから)デイケアで働く看護師仲間にTTの基礎講座をしました。その人は、重度の認知症の方で「ウオー、ウオー」とうなるばかりで言葉を発せずコミュニケーションが困難な方にTTを10分したところ寝てしまった。またとても穏やかになり「TTを脳までして~」と最後にしゃべったのよ、と報告をしてくれました。

 *認知症の方へのタッピングタッチについて意見交換。

(IKさんから)写真共有があり、グループホームや家族会での認知症の方へのTTの様子を聞いた。職員がやりやすい姿勢や方法でされている様子がわかった。普段されるばかりの側が、ほんとうに嬉しそうにする側であったのが印象的だったとのこと。歌を歌いながらケアし合っている、大事にし合っている、じゃれ合っている感じもあった。車椅子同士で膝など、手が届く姿勢と場所を互いにやり合ったりしていた。

(YMさんから)ヘルパーさんがまずTTをしてあげると、認知症の方はとても穏やかになって、その後の仕事がとってもやりやすいと聞いた。また認知症の方がTTの「つかず離れずがいいわあ」など、言葉での表現が出てきたりした。

(TYさんから)認知症カフェでのTTしたがむつかしかった。特に力の入れ具合など「ちゃんと」することは困難だった。

(YNさんより)
認知症の方は、記憶がどんどん悪化する中での「自分の存在」がゆらぐ不安がとても大きいと聞いたので、「脳までして~」というのは、意味が深いかもしれない。

4.Q&A
 
(KAさんより)ホスピスでボランティアをしているが、心身ともにとても疲れる自分がある。姿勢によっては翌日筋肉痛になったりもある。どうしたらいいか?
 
*姿勢についての工夫。無理せず届くところを。ネパールで一音さんがやっていたが、ひじから手先に向かっての部位もいい。車椅子の人、椅子に座っている人には、こちらが床に膝まづく、座り込む、小さなスツールを利用する。

*ボランティアでやっているんだから、まず自分が無理しない。やってあげたい所、出来る所をする。結果をもとめないことがいいのでは?

(KAさんより)自分自身はとても疲れて、話しを傾聴することに努めただけで、役に立ったのかどうかわからなかった。スタッフの方にTTをした時の様子を話したところ、「あの方が、自分の病気のことや気持ちを口にしたのは初めてですよ」と聞いたので、あれで良かったのかなあとは思う。

(NHさんより)コロナ禍で看護学生の実習が少ないので、触れるケアのことを伝えるのが大変だが、「正しく怖れて(予防して)」触れることの大切さを伝えて行ったらいいのかと、みなさんの話を聞いていて思いました。

*看護師が、触れられる側に立つこと、その体験をすることは、とても大切。
*TTをすると、学生が自分の気持ちを出せるようになるのでとてもいいと思う。

5.最後に

 時間もなかったので、今回初めての参加の方に感想を聞いて終わりました。またこの会を継続することと、毎回日程調整するのは大変なので、毎月第一木曜の19:00~21:00とすることが、八木さんから提案されて了承されました。

 時間はきっちり21:00に終了して、夜の濃密な時間が無事に終了しました。そこここに、ファシリテーターの八木さんの配慮が感じられたいい会でした。
 あと補足ですが、事務局より、会の名前が少々長いのでもう少し呼びやすい短い名前だといいな、もしよかったら何か提案してもらえないかと投げかけがありました(^^)。

タグ:

インターネット・ゲーム依存とタッピングタッチ

2021/05/06協会より

特別企画 オンライン講座「インターネット・ゲーム依存とタッピングタッチ」
2021年4月17日 13:30~17:00
講師:中川一郎(臨床心理学者、臨床心理士、公認心理師)・中川祥子(社会福祉士、公認心理師)
参加者:25人

 講座では、まず受講者に何が依存の判断基準となっているのか、依存の傾向を把握してもらうために、「インターネット・ゲーム依存度チェック」に答えてもらいました。チェックは自分が気になっている人を対象としてもらいました。

 結果として、ほとんど全質問にわたり「依存」や「依存予備軍」と判定されうる程度にチェックする人が60%を超えていました。特に割合が多かったのが以下の質問でした。

*「嫌な気分から逃れようとしたり、紛らわそうとして、ついインターネット・ゲームをすることがある」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 77.3% 

 

*「インターネット・ゲームをやめよう(減らそう)と思っても、自分の意志でやめられず、ついやりすぎてしまう」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 77.3%

 

*「インターネット・ゲームに熱中し、他のことをしているときも頭を離れず、ついそのことを考えてしまう」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 72.8%

 その後まず、中川祥子から学校を通して見える子どもたちの様子が話され、続いて中川一郎さんからネット・ゲーム依存に関する膨大な情報と動画や資料を使って、私たち降りかかっている問題の概要を提示し理解が促されました。「依存とは何か:依存症の種類、依存になりやすいもの」
「ゲーム障害について:その兆候、WHOゲーム障害診断のガイドライン、実態」
「ゲーム依存とは」
「脳への損傷を起こすデジタルヘロイン」
「ゲーム依存のメカニズムとその影響」
「依存になりやすいゲーム」
「依存しやすい人の特性」
「人間の基本的要求を満たすオンラインゲーム」
「ゲームに駆り立てる社会的要因」・・・とほんとうに盛沢山でした。

 支援に立つ側の方が多く参加されていましたので、その問題の深刻さに衝撃を受けたり、依存のメカニズムを理解できた、問題把握に役立ったという感想がとても多くありました。

 途中「腕だけ散歩」をしたり、セルフケア「ねこの足ふみバージョン」もしてタッピングタッチの体験も入れたこともあり、「タッピングタッチを使った支援方法」まで時間を十分とることが出来ませんでしたが、基本は相手と「対話」し「良い関係性」を築くことであることは確認されたと思います。そこに、触れ合い、ケアし合いながらより良い関係を築くタッピングタッチがとても役立つわけですね。

 多くのゲーム依存治療をしている精神科医や専門家も「家族関係を見直し、コミュニケーションを見直し、居場所のある家族関係を築く」ことが解決への糸口と言っています。

 さて講座の最後になり、もっと時間が欲しかったのですが、中川一郎さんが話してくれた「タッピングタッチによる回復へのサポート」とても大切なものでした。

① 不快な感情を軽減し、生活への適応力を高める

 なんの依存であっても、その背景には、生きづらさや生活における適応の問題が多いことが知られています。特定の薬物や依存行為には、どんなに健康な生活をしている人でも依存してしまうものもあります。しかし、それに手を出したり、ダメだとわかっていても続けてしまったりする背景には、生活における苦しさや適応不全があることが多いのです。

 ネット依存の予防にも治療においても、生きづらさなどを軽減することも重要です。タッピングタッチを生活にとり入れることで、つらい気持ちや孤独感などを軽減す
ることができるでしょう。自分自身で不快な気持ちを軽減したり、人からやさしくケアされたりすることで、生活への適応力が高まると思います。

② ケアし合うことで、支え合う関係性を取り戻す

「ふれない、話さない、近づかない」などの「新しい生活様式」によって、多くの人々が必要な関係性やサポートを失い、孤独でつらい生活を余儀なくされています。
長期化することで、人々は慢性的な寂しさや不安などを感じることが多く、そのはけ口、または逃げ口としてオンラインゲームやSNSにはまってしまうのです。

  依存からの回復や予防においては、不快な感情を軽減することや、安心できる関係性をとり戻すことが大切です。タッピングタッチのセルフケアをとおして、寂しさや不安などの不快な感情を軽減することが出来ます。そして、優しくふれてケアされることで、心身共に癒され、関係性をとり戻すことができます。

③ 自律神経やセロトニン神経を整える

ゲームなどでドーパミンの過剰放出が続くと、脳の報酬系が破壊され、生活能力や人間性を失っていきます。理性をつかさどる前頭前野の働きが弱り、欲望を押さえら
れなくなります。今まで大切にしていたことに代わって、ネットやゲームをすることの方が大切になってしまいます。

 タッピングタッチには、セロトニンの分泌を促進する効果があることが確認されています。セロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンの過剰な分泌を押さえる働きがあり、心のバランスを整える効果もあります。セロトニンの活性化には、うつや不安、不眠の予防や軽減効果もあるので、依存症からの回復にとても有効だと思われます。これまでの実践でも、アルコールなどの依存からの回復に役立つことが確認されています。

④ ゆっくり、やさしく、ていねいな、ケアのある生活

 いろいろな要素が絡まっていることは確かですが、現代生活の慌ただしさや生きづらさが大きな要因になっているように感じています。余裕を持って楽しく勉強する、一緒に仕事する、自由に自分の気持ちを語り合う。美味しいものを作って食べたり、手作りのものを分かち合ったり、心おきなく楽しい時間を持つ。つらい時には「お互いさま」と手を差し伸べたりする。そんな当たり前のことが希少になった社会に住む私たちです。

 あわただしさと生きづらさの中の私たちは、安易に気を紛らわせ、魔法のように不安や孤独感などの不快な気持ちを消してくれるものを探してしまいます。そこに、誰にもとがめられず、始めるのにお金がかからず、スマホ一つあればいつでもできるネットやゲームに行きついてしまう、といった構図が見えてくるような気がします。

 タッピングタッチの体験で大切にしたいのは、「ゆっくり、やさしく、ていねいに、お互いをケアする」ことです。実際にケアするときだけでなく、生活の中にも取り戻していきたいと思います。モノや情報にまみれた生活を見直して、自分にも周りにもやさしい生活を取り戻すことで、私たちは、さまざまな依存から回復して、豊かで健康な人生を取り戻していく糸口を見つけていけるでしょう。

タグ:

第1回看護職としてのTT活動を語る会

2021/04/16インストラクターより

 認定インストラクター八木美智子さんの呼びかけで、4月9日に第1回目の「看護職としてのTTを語る会」が、和やかに開催されました。全部で8人の看護師の方々は、看護の経験が豊富で、多岐に渡る分野で活躍されてきたばかり。ほんとに、こんな方々がタッピングタッチのインストラクターでいてくれるって、凄いことだな~ととても嬉しくなりました。

 下記は、事務局(中川祥子)のメモ的なレポートですが、どんな内容だったかを共有させてもらいますね。
 八木さんの進行で、2時間しっかり、でも和やかに話しが続き、最後には「看護師さんて、みんな話し長いよね」というコメントも。
 次回は忘れず腕だけ散歩しましょう(^^)と打ち合わせた次第です・・・

 話しは尽きなかったし、参加できずに残念!との声も多数あったので、第2回目をスケジュールします。

***********************************
2021年4月9日 第1回看護職としてのTTを語る会
19:00~21:00
参加者:9名

1.自己紹介

 今日のこの場で自分をこう呼んで欲しい、という名前を画面の左隅に表示することで、楽しさ、和やかさ、親近感が増した。
八木さんから本日の流れを説明(1)自己紹介、(2)現在のコロナ禍での仕事のことなど、(3)TTを活用してきた、していることを共有

*助産師、管理職、看護大学教員、NPOや地域ボランティア活動
*事業所で保健師として社員の健康管理、産業カウンセラー
*定年後、地域診療所、産業カウンセラー
*保健師、大学教員、産業カウンセラー
*都会、地方の病院、訪問看護師
*看護大学教員、精神看護学
*救急看護、管理職、介護認定、看護協会、包括支援センター

経験豊富、多岐に渡る看護分野で経験を積まれてきている

2.コロナ禍での仕事、職場

 *通所事業所の高齢者ADLの減退
 *社員、感染対策、感染者の復帰サポート、在宅勤務増え、運動不足で栄養指導、メンタル面でのケアが必要に。
 *訪問看護はストップせず継続。学生の実習がかなり減った。ボランティア活動は出来なくなった
 *発熱患者は車からコンテナで受付、診察が行われ。感染対策用環境整備必須、必死。
 *オンライン授業で学生の反応がわからない。実習時間は2分の1以下に。この4月から公的施設が使えずNPOやボランティア活動できず
 *大学生実習はほぼ全滅。病院も大変で学生も不安が高まる(自分自身がコロナを持ち込んでしまったらどうしよう、患者さんが教えてくれることが第一に大切だが、その学びが出来ない)
 *大学でクラスターが発生、カウンセリングセンターが閉鎖。医学部、看護学部でないため、医学の学びがなく感染対策意識がかなり薄くて心配。「正しく怖れていない!」

3.看護現場でのTT活用エピソードの共有

 *循環器に疾患。息や心臓が苦しい。セルフタッピングの動画を見せ、CDをかしてしてもらい落ち着いた。娘さんが母にしてあげたいと言うので方法を教えてあげた。
 *地域の子育て母親の集まり、高齢者、精神病の家族会などで紹介
 *訪問看護:お風呂のガスが怖くて入浴できないと訴える方にして和やかになり落ち着いた。お腹のガンある方にTTをしてあげたら、「こんな簡単なことなら(亡くなった)おじいさんにしてあげたかった」とコメント。
 *ディケアの帰宅時、迎えのバスが来るまでの落ち着かない寂しくなる時間に、TTの音楽をかけてTTをしてあげた。
 *ケアマネージャーさんにしてあげたら泣かれた。
 *訪問看護で付き添っている家族が出来ることとして、TTを紹介したいが一歩がまだ踏み出せない。タクティールケアが地域で登場してきて、タイミングが悪いような・・・
 *産業カウンセラー協会の管理者研修でTTを紹介したら「久しぶりに妻に触れてみようと思います」とニコニコ顔の男性
 *女性の派閥が出来ている職場で、TTを紹介したが対立は深かった。
 *看護学生112人にTTの基本型を紹介、ニコニコ、温かくなったと感想多し。
 *娘のお産の後、背中に。3時間ぐっすり。
 *看護師の研修で紹介。居眠りする人続出。
 *されるのが苦手な人へのセルフケア、腕だけ散歩、ヒーリングクリーム好評
 *組合のリーダーたちへの紹介。リラックス、人にすすめたい、続けたいとの感想多。
 *在宅勤務、オンライン面接での関係づくりに腕だけ散歩、ヒーリングクリームいい。
 *親の介護で使った。父と母がし合っていた。
 *新人の保健師がストレスから胃痛や頭痛あるときに、話を聞きながらTTをした。

4.最後
 *この一年、自分のセルフケアにオンラインでの講座が本当に役立った
 *落ち込んでいた自分にとって、こうやってTTの仲間との機会はありがたい
 *実際会ったことなく、初めての人も、勝手にもう友達になったように思っている
 *看護師は話しが長い^^
 *マスクなしで、力まないでTT広めていきたいな~

タグ: