活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

お庭でセルフタッピング

2020/06/30インストラクターより

お庭でセルフタッピング ~インストラクター 竹下淳子 愛知県~
 
 6月15日、以前からタッピングタッチの時間にお邪魔させていただいているグループホームで「お庭でセルフタッピング」と題し、屋外で、利用者さんやスタッフさんとゆったりした時間を過ごしました。
 梅雨の晴れ間で心地よい風も吹き、鳥の鳴き声が聞こえ、自然と繋がり、セルフタッピングをして自分と繋がり、利用者さんはそれぞれ自分のペースですが、同じ空間で同じことをして、人と繋がる。そんな感じだったと管理者さんが言われていました。
 
後で伝えて下さった感想
・体が楽になった。
・スタッフさん同士の関係性が、より柔らかく穏やかになった。
・呼吸や痛みが楽になった。
・本当の自分に戻った感じ。
・何かわからないけど満たされた感じ。  
 等など
 屋外でタッピングタッチの時間を持ちたいと申し出があり、今の状況、屋外ということで、私のリードではなく、セルフCDを使い、一音さんの素敵なお声のリードに助けていただきました。
24分と長いので、いろいろと心配しましたが、皆さん最後まで落ち着いて参加して下さいました。
 私にとっても貴重な体験になりました。

タグ:

TTフレンドシップのつどい in OSAKAでZoomミーティングを開催!

2020/06/16インストラクターより

 

【TTフレンドシップのつどい in OSAKAでZoomミーティングを開催!】
 
「新型コロナ禍で揺れる今だからこそ『つどう』意味があるのでは?」
「大阪周辺のメンバーのつながりを継続するためにも」。
 そんな思いで、5月30日(土)13:00~16:30まで、Zoomにてミーティングを開催しました。
 新しいチャレンジでもあり、今回は12月に行った第1回TTフレンドシップのつどいin OSAKAの後につくったメーリングリストメンバーを中心に募って実施しました。
 みんなが上手くつながれるかな?無料プラン使用のため40分ごとに再接続の必要があり、うまくいくかな~?など心配は尽きませんでしたが、何とか大きなアクシデントなく無事終了しました。なんと、開始早々にZoomから思いがけない“時間制限なしのギフト”が届き、「この『つどい』も祝福されている!」と大悦び♬幸先良い出だしとなりました。
 当日は、おひとりずつ「今感じること&今できること(プライベートとTTインストラクターとしての両方の視点)」をお話して頂いた後、セルフタッピング(一音さんのYouTubeの映像を観ながら)を実施しました。
 皆さんのお話しのなかから…
・コロナ禍で、孤独感と言うか、不思議なモヤモヤ感を感じながら日々を過ごしていたので、皆さんと繋がれる事は、とても嬉しかった。会社では感染拡大予防の観点により、ディスタンスが優先され、なんだか殺伐した感じがある。コロナ離職も起きるのではないか。
・コロナストレスも個別差がある。日々の過ごし方も一人ひとり違い、ある程度の距離感があったほうが安心できるという人もいた。心地よい人との距離感というのは、それぞれ違うことも感じた。
・今後増加することが予測される「コロナストレス」によるカラダやココロの不具合が心配
・ご近所での立ち話もなくなっていて、今までのとても良い人間関係が担保されていない。
・子供を持つ家庭で、もともと関係性が良いところは時間を有効に使えているけれど、元々関係性が危うい家庭はコロナでストレスが増加している感じがする。
・疾患があるため、感染予防の観点からこれまでのように孫とハグしたりできない
・近隣でクラスターの発生があり、今まで体験したことのない「見えない相手」ならではの恐怖を感じた
・介護施設では医療資源不足があり、ご利用者さん、従業員ともに感染が発生しないように介護崩壊が起きないよう日々緊張の連続である
・3月から仕事がすべてキャンセルとなり、巣ごもり生活で特定持続化給付金申請中、しかしながら「コロナ時間ギフト」を頂き「人生の振り返りや好きな音楽絵画本など」に親しめたのは貴重な体験。
これからの取り組みとして…
*コロナストレスでしんどい思いをいておられる一般の方へのアプローチとして、Zoom体験会の定期的開催なども考えてはどうか、という話も出ました。
Zoomミーティングを終えて
今回の「とにかくできた!」という経験から、zoomというツールを上手に使いこなしながら、zoom疲れなどにも配慮して、メンバーみんなでより良いプログラムづくりにつなげてゆければとよいと思っています。また、何よりもみんなが楽しみにできる心地よい場づくりを心がけて、リモートからリアルへつなげてゆければさらに良いなぁと感じています。

オンラインで家族とやってみました!

2020/06/14協会より

家族で参加してもらって、オンラインで家族の為の講座を開催してみました!

 コロナ禍で人と会えない、気軽にお話しできない、学校もずっとお休みだった・・・ちょっと出かけてもウィルスに感染しないか、してないか不安が消えない。これからどうなっていくんだろう。。。そんな感じが世界中に蔓延し始めた今年3月からしばらく経ちました。

 三重県四日市市の「四日市市民コロナ基金」から支援を受けて、協会ではZoomを使った講座、研修、集いを始めています。

 6月13日は4組の家族の参加で、楽しくタッピングタッチを体験してもらいました。参加の子どもたちはなんと生後1月ちょっとの赤ちゃんから、保育園年長さんの双子ちゃん、お母さんと仲良し小学生や19歳の娘さんと色々!!

 でもみ~んな一緒に出来たのがタッピングタッチのすごいところでした!タッピングタッチ初めての双子君たちも、前半は元気一杯動き回って興奮気味でしたが、後半はメロメロになってゆったりとタッピングタッチを受けながら、自分でもしていましたね。表情もとっても落ち着いていました。お母さん方ありがとうございました。

 次回は6月27日(土)10~12時です。お申し込みはこちらのフォームから。

 

6月、7月はZoomで講座!

2020/05/26お知らせ

5月25日に緊急事態宣言が解除されましたが、ウィルスが消滅したわけではありませんから、第2波、第3波が気になります。

大人も子どもも見通しが立てられない日々の生活の中で、不安やストレスとど付き合っていくためにタッピングタッチをぜひ活用してもらいたいなと思います。

セルフケアは一人でできますし、相互のタッピングタッチは家族と家でできるケアですから現在の状況には最適です。オンラインでセルフケアの講座を開催したところ、とても好評でした。離れているのに、しかも自分で自分にしているのに、参加者と繋がっている感じがあり、とても癒されて、落ち着いた自分を取り戻せたという感想が沢山ありました。

そこで、セルフケアの基礎講座Bはもちろん、家族で受講できる基礎講座Aを開催することで、コロナ禍を乗り越える手立てにしてもらったり、また禍転為福で、手を伸ばして触れ合うこと、お互いにケアし合うことが私たちにどれほど大事なことかを確認するきっかけにしてもらえればと思います。

受講料は、新型コロナウィルス感染の社会的影響を考え、この期間は受講料を値下げして参加しやすくしています。

お問い合わせは、kouzatanto@tappingtouch.org 

💛2020年5月、6月、7月の協会主催講座一覧💛

6月6日(土)『心のケア専門講座』@神戸 三宮コンベンションセンター 
変更です==> 
6月6日(土)9:30~15:30『オンライン心のケア専門講座』
「タッピングタッチによる対人援助と心のケア~セルフケアとマインドフルネス』
受講料:8000円(会員7200円、大学院生6000円、インストラクター6000円)
お申込みは「TTねこあしショップ」から

6月13日(土)10:00~12:00『家族のためのオンライン基礎講座A』NEW!
定員:5組(家族で参加してください)
受講料:無料(ささえあい基金などの活用)
お申込みは、このフォームから 

6月20日(土)『基礎講座B』@東京 大田区産業プラザPio E会議室 
変更です
==> 
6月20日(土)9:30~12:00『オンライン基礎講座B』
受講料:2000円(会員1800円)
お申込みは「TTねこあしショップ」から

6月21日(日)『アドバンス講座』@東京 大田区産業プラザPio E会議室 中止になりました

7月4日(土)『アドバンス講座』@名古屋 棋院中部会館ビル第3会議室  中止になりました

7月18日(土)『アドバンス講座』@神戸 神戸学生青年センター会議室A 中止になりました

7月18日(土)10:00~12:00『オンライン基礎講座A』NEW! 
定員:10組 受講料:一組2000円(会員1800円)
お申込みは「TTねこあしショップ」から

福島でオンラインでの支援活動

2020/05/06協会より

2011年3月11日に東北を襲った大地震の影響で、福島の原発が爆発。 その後の福島での生活は一変しました。

福島県須賀川市に住む臨床心理士の冨森崇さんが、タッピングタッチのことを支援活動の中で知り、協会に連絡をしてきてくれたことから、交流が始まりました。 そして協会代表の中川一郎氏は毎年福島を訪れ、彼と一緒に、震災と放射能の被害にどう向き合っていくのか、何を大事にすればいいのかを始めました。

冨森さんは、その後タッピングタッチのインストラクターになり、福島に住み続ける方々の支援を続ける中、「不安と上手に付き合う、向き合う」ためにタッピングタッチを活用してきました。

そして2020年4月。新型コロナウィルスの感染が拡大していくなか、NHKの番組クローズアップ現代が「ストレス危機をどう乗り越える」というテーマで、彼の活動を取り上げてくれました。こちら

これは彼が理事長となった「特定非営利活動法人ハートフルハート未来を育む会」http://heartfulheart.com/ の活動の一環だそうです。東日本大震災と原発事故により被災した子どもと保護者に対して、災害後のこころのケアと放射線不安に関する支援を継続的に行っています。コロナ禍で集まれないことからオンラインで「不安を語り合う」機会を設けて、保護者への支援としてもタッピングタッチを紹介してくれています。

彼が活動の主軸にしてる子育て支援施設「すかがわ子育てネットワークTUNAGU」のHPに、インタビュー記事がアップされていました。
特集 新型コロナ 子どもの心への影響探る(冨森臨床心理士インタビュー)

ご自身と家族の安全や先の生活に迷いながらも、ずっと地道な支援活動を継続されてきた冨森さんの活動に公共放送がスポットを当ててくれたことにとても意味を感じますし、そんな彼の活動の支えとして「ゆっくり、やさしく、ていねいな」タッピングタッチが大事にされていることをとても嬉しく思います。

タグ: