活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

1学期が終わって、ようやく脱力してます

2021/07/24協会より

第3回学校におけるTTプログラムを考える会
2021年7月22日(木)19:30~21:30
参加者 6人

ちょうど学校がお休みに入ったタイミングで、忙しかった日々からようやく「は~っ、やっと終わってだつりょく~って感じですう」で始まりました。

 内容としては、一言近況報告のあと、「5ステップ腕だけ散歩」でほっこりしてから、学校現場におけるTTの活用や紹介の工夫の色々を紹介・共有することが続きました。以下は、話しに出た一部です。

① バタフライ・ハグについて(イグナシオ・ジャレーロ1998年考案)トラウマケアの方法のひとつ。
② アナMゴメス作の紙芝居「しんじゅがい とチョウチョのおはなし」が、コロナウィルス禍の子どもたちの助けにと、EMDRとマインドフルネスの手法を取り入れたお話しになっています。
③ インストラクターの杉山百合俊さんが、以前報告してくれていた小学生向けに心の授業で活用されていた方法で、TTの前後にボディイメージに色を入れて自分の状態の変化を見る方法を共有しました。身体イメージ彩色図法
④ 保健室で実施するTTの実践例(高学年男子でもクールダウンに有効、母との関係で悩んでいる女子の話を聞きながら、腹痛を訴える児童になど)が紹介されました。
⑤ たとえば、朝読時間のように短くて簡易にする感じでTTを実施できたらいいのではという案も。
⑥ 興味を持ってくれた担任のサポートで入りながらクラスで使ってもらう。授業としてするには、ちゃんと理解し身につけてから、と思うのが教師。反対に、個別に使うのは使い易いかも。
⑦ 養護部会、保健部会からの講座要請は協会にも過去かなりあり、受講の評価もかなり高い。
⑧ 「顔の表情5段階」や、「2次元のこころのダイアグラム」とかも使えるかも。

タッピングタッチもまた、日々大きくなってきているこどもたちのストレスや課題を軽減する助けとして、学校現場や教育関係機関で手軽に使えるようになればと思います。

そのためには、45分でできるプログラム(パワポ)を作って、インストラクターか、TTをよく知る教師やSCが実施できるものがやっぱり必要かな、という意見がでました。

タグ:

インターネット・ゲーム依存とタッピングタッチ

2021/05/06協会より

特別企画 オンライン講座「インターネット・ゲーム依存とタッピングタッチ」
2021年4月17日 13:30~17:00
講師:中川一郎(臨床心理学者、臨床心理士、公認心理師)・中川祥子(社会福祉士、公認心理師)
参加者:25人

 講座では、まず受講者に何が依存の判断基準となっているのか、依存の傾向を把握してもらうために、「インターネット・ゲーム依存度チェック」に答えてもらいました。チェックは自分が気になっている人を対象としてもらいました。

 結果として、ほとんど全質問にわたり「依存」や「依存予備軍」と判定されうる程度にチェックする人が60%を超えていました。特に割合が多かったのが以下の質問でした。

*「嫌な気分から逃れようとしたり、紛らわそうとして、ついインターネット・ゲームをすることがある」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 77.3% 

 

*「インターネット・ゲームをやめよう(減らそう)と思っても、自分の意志でやめられず、ついやりすぎてしまう」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 77.3%

 

*「インターネット・ゲームに熱中し、他のことをしているときも頭を離れず、ついそのことを考えてしまう」の回答:「頻繁にある」または「ときどきある」 72.8%

 その後まず、中川祥子から学校を通して見える子どもたちの様子が話され、続いて中川一郎さんからネット・ゲーム依存に関する膨大な情報と動画や資料を使って、私たち降りかかっている問題の概要を提示し理解が促されました。「依存とは何か:依存症の種類、依存になりやすいもの」
「ゲーム障害について:その兆候、WHOゲーム障害診断のガイドライン、実態」
「ゲーム依存とは」
「脳への損傷を起こすデジタルヘロイン」
「ゲーム依存のメカニズムとその影響」
「依存になりやすいゲーム」
「依存しやすい人の特性」
「人間の基本的要求を満たすオンラインゲーム」
「ゲームに駆り立てる社会的要因」・・・とほんとうに盛沢山でした。

 支援に立つ側の方が多く参加されていましたので、その問題の深刻さに衝撃を受けたり、依存のメカニズムを理解できた、問題把握に役立ったという感想がとても多くありました。

 途中「腕だけ散歩」をしたり、セルフケア「ねこの足ふみバージョン」もしてタッピングタッチの体験も入れたこともあり、「タッピングタッチを使った支援方法」まで時間を十分とることが出来ませんでしたが、基本は相手と「対話」し「良い関係性」を築くことであることは確認されたと思います。そこに、触れ合い、ケアし合いながらより良い関係を築くタッピングタッチがとても役立つわけですね。

 多くのゲーム依存治療をしている精神科医や専門家も「家族関係を見直し、コミュニケーションを見直し、居場所のある家族関係を築く」ことが解決への糸口と言っています。

 さて講座の最後になり、もっと時間が欲しかったのですが、中川一郎さんが話してくれた「タッピングタッチによる回復へのサポート」とても大切なものでした。

① 不快な感情を軽減し、生活への適応力を高める

 なんの依存であっても、その背景には、生きづらさや生活における適応の問題が多いことが知られています。特定の薬物や依存行為には、どんなに健康な生活をしている人でも依存してしまうものもあります。しかし、それに手を出したり、ダメだとわかっていても続けてしまったりする背景には、生活における苦しさや適応不全があることが多いのです。

 ネット依存の予防にも治療においても、生きづらさなどを軽減することも重要です。タッピングタッチを生活にとり入れることで、つらい気持ちや孤独感などを軽減す
ることができるでしょう。自分自身で不快な気持ちを軽減したり、人からやさしくケアされたりすることで、生活への適応力が高まると思います。

② ケアし合うことで、支え合う関係性を取り戻す

「ふれない、話さない、近づかない」などの「新しい生活様式」によって、多くの人々が必要な関係性やサポートを失い、孤独でつらい生活を余儀なくされています。
長期化することで、人々は慢性的な寂しさや不安などを感じることが多く、そのはけ口、または逃げ口としてオンラインゲームやSNSにはまってしまうのです。

  依存からの回復や予防においては、不快な感情を軽減することや、安心できる関係性をとり戻すことが大切です。タッピングタッチのセルフケアをとおして、寂しさや不安などの不快な感情を軽減することが出来ます。そして、優しくふれてケアされることで、心身共に癒され、関係性をとり戻すことができます。

③ 自律神経やセロトニン神経を整える

ゲームなどでドーパミンの過剰放出が続くと、脳の報酬系が破壊され、生活能力や人間性を失っていきます。理性をつかさどる前頭前野の働きが弱り、欲望を押さえら
れなくなります。今まで大切にしていたことに代わって、ネットやゲームをすることの方が大切になってしまいます。

 タッピングタッチには、セロトニンの分泌を促進する効果があることが確認されています。セロトニンには、ノルアドレナリンやドーパミンの過剰な分泌を押さえる働きがあり、心のバランスを整える効果もあります。セロトニンの活性化には、うつや不安、不眠の予防や軽減効果もあるので、依存症からの回復にとても有効だと思われます。これまでの実践でも、アルコールなどの依存からの回復に役立つことが確認されています。

④ ゆっくり、やさしく、ていねいな、ケアのある生活

 いろいろな要素が絡まっていることは確かですが、現代生活の慌ただしさや生きづらさが大きな要因になっているように感じています。余裕を持って楽しく勉強する、一緒に仕事する、自由に自分の気持ちを語り合う。美味しいものを作って食べたり、手作りのものを分かち合ったり、心おきなく楽しい時間を持つ。つらい時には「お互いさま」と手を差し伸べたりする。そんな当たり前のことが希少になった社会に住む私たちです。

 あわただしさと生きづらさの中の私たちは、安易に気を紛らわせ、魔法のように不安や孤独感などの不快な気持ちを消してくれるものを探してしまいます。そこに、誰にもとがめられず、始めるのにお金がかからず、スマホ一つあればいつでもできるネットやゲームに行きついてしまう、といった構図が見えてくるような気がします。

 タッピングタッチの体験で大切にしたいのは、「ゆっくり、やさしく、ていねいに、お互いをケアする」ことです。実際にケアするときだけでなく、生活の中にも取り戻していきたいと思います。モノや情報にまみれた生活を見直して、自分にも周りにもやさしい生活を取り戻すことで、私たちは、さまざまな依存から回復して、豊かで健康な人生を取り戻していく糸口を見つけていけるでしょう。

タグ:

鹿児島 奄美大島にて体験会を開催

2020/02/13インストラクターより

奄美大島にて体験会を開催のご報告 ~インストラクター 角田圭子 兵庫県~

奄美大島にて1月26日にタッピングタッチの体験会を行いましたので報告したいと思います。

私は心理士で場面緘黙(かんもく)児支援のためのネットワーク団体の代表をしています。今回かんもく奄美主催さんから「場面緘黙の勉強会」の要望があり、あわせてタッピングタッチの体験会を実施しました。
————————————
・参加者 18名(支援者1名・医療4名(看護師3、ST1)・行政1名・教育5名・福祉2名・その他5名)
・タッピングタッチを初めて知った方が多かった。
・リラックスする。人のぬくもりが伝わって心まであたたかくなる。ポカポカする。安らぐ。他の人にもしたい。帰宅後家族にしたら、大好評だった、子どもたちともお互いにケアしあい、素敵な時間が作れてます。また学ばせていただきたいです。という声をいただきました。

また1月28日発行の南海日日新聞に取り上げていただきましたのでぜひご覧ください。

タグ:

中学校の養護教員へ向けて基礎講座A開催しました!

2018/12/18インストラクターより

中学校の養護教員の方7名様に、タッピングタッチ基礎講座Aを開催(12月11日)~インストラクター安藤昌子~

今回は、先生のおひとりが読まれた「子どものためのリラクゼーション」にタッピングタッチが紹介されており、協会に依頼がきたご縁でした。

中学校では、まず教頭先生にご挨拶させていただきました。お話の中で、教頭先生も感心をもっていただき、10分程タッピングタッチを体験していただきました。
教頭先生曰く、途中眠ってしまいそうでした。。とのこと。

2時間の講座は、皆様熱心に受講していただき、体験していただきました。アンケートには「是非、生徒たちにしてあげたい。」とのご感想でした。
そのひとつを、ご紹介いたします。

「日常慌ただしく過ごしているので、今日のゆったりとした時間と心洗われるお話に、自分にゆとりができた感じです。このような時間や雰囲気を保健室にもつくって、ストレスやマイナスイメージでつぶされそうな生徒達の支えになればと思います。素敵な時間を、ありがとうございました。」

協会がめざされる学校へのタッピングタッチ普及に、少しでも関わることができて、私の幸せな時間となりました。

また、北九州から清水幸織さんがサポートに来てくださいました。ありがとうございました。

タグ:

養護の先生達向けの研修会にて

2018/04/20インストラクターより

研修会で講師を務めました
~インストラクター野田京子~

いつも皆さんの報告を読ませていただくばかりで、なかなかご報告できずにおりました。

きょうは、ボランティア活動の中で高齢者の方にTTを体験していただいた事例と、研修会の講師としてTTの講座をした事例について報告させていただきたいと思います。

① ボランティア活動として
 わたしは、月1回実施される、「いきいきサロン」でボランティアスタッフとして高齢者の方々のお世話をしています。昨年12月に1時間弱の時間をもらえたので、TTの体験をしていただきました。参加者は四十数名。デモンストレーションはギター曲を使い、体験の時はわらべ歌のCDを使いました。皆さんとても楽しそうに、そして歌いながらTTをしていました。シェアリングでは、「気持ちいいね~。」「あったかくなった。」などの声が聞かれました。そして、1月には、スタッフ仲間から「今月もやってほしい。」と言われ、2回目をすることができました。参加者にもスタッフにも好評でした。残念ながら写真を撮る余裕がなくて画像はありませんが、皆さん笑顔で、ほっこりと温かい時間が持てました。

② 保健主事と養護教諭の先生方の合同研修会の講師として(2月21日 参加者39名)

 養護の先生から、研修会の講師を依頼されました。「研修会の内容についてアンケートをとったら、〈教室で使えるリラクセーションなどを教えてほしい〉というものが多く、野田SCから聞いたTTを思い出した。ぜひ教えてほしい。」というもので、1時間半使っていいということだったので、「優しくふれてエンパワーメント~タッピングタッチでメンタルヘルスケアを~」と題して、基礎講座の内容を網羅して実施しました。

以下の感想にあるように、「保健室で使える!使いたい!」と大好評でした。少し長いですが、感想をまとめてくださったので、その全部を載せさせていただきます。

(以下タッピングタッチはTTと表記)

○感想

・TTというものを初めて知りました。マッサージとは違った「心」メインのものだと感じました。掌が温かくとても癒され、ベビーマッサージを自分の子どもにしてあげていた時のことを思い出しました。

 人の手には癒しの効果があることを再確認しました。学級でも(先生同士でも)できるのではないかなと思います。

・TTと聞いて、最初はさわられるのはいやだなと思っていました。なので、最初にする側をしました。やっているうちに自分も癒されて、いい人になった気持ちになりました。だから、自分も絶対にやってもらおうと思い、やってもらうと眠ってしまいました。癒しの効果絶大です。乱暴者の○○ちゃんにやってみたいです。

・TTについては初めて知りました。心と体のケアになることを体験できました。学級の子どもたちだけでなく、教職員にも広めていきたいと思います。

・TTを体験できると聞き、いつもの会よりいっそう楽しみにしてきました。お話を聞いた後、実際にしてもらい本当にリラックスできました。怒りをコントロールしたり、心の落ち込みを抱えて行き詰まったりしている子に、わたしもTTをしてあげることができればと思います。

・TTをする側、される側を体験できてよかったです。「ケアされている」という感覚がとても心地よく感じました。子どもたちへの対応でも、「触れる」を意識できればと思います。

・以前野田SCからTTのことを少し聞いたことがありましたが、どんな方法かまでは聞けていなかったので、今日聞くことができてとてもうれしいです。実際にTTをしてみて安心感を味わうことができ、子どもたちにもその安心感を与えてあげたいと思いました。ぜひ、学校でやってみたいと思いました。

・TTについて初めて知りましたが、手法の一つとして保健室でも取り入れてみたいと思いました。ふんわり触れる手の温かさ、子どもたちにも伝えてあげたいです。

・体験させていただき、すごくリラックスできました。心と体を充実させることで、やる気がわいたり、向上心をあげたりすることができると身をもって感じました。生徒や周りの人に広げていきたいと思います。

・手軽にできるTTのやり方を教わり、教室でもすぐに実践できそうだと思いました。自分の学級の子も親子の関わりが適切でなく、それが学級での問題行動としてでることがあります。学級懇談会などで取り入れていくのもよいなと思いました。

・TTを初めて体験してみて、体全体があたたかくなり、安心感がありました。学校現場の中でスキンシップをとりたがる児童(家庭でのスキンシップが足りない?)に、機会があれば保健室で行ってみたいと思いました。授業の中で行うのもいいかなと思います。

・TTで心も体もリラックスし、癒されました。子どもたちにもしてあげたいです。

・2月に入り学校が忙しく、自分自身がリラックスできていませんでした。今日、TTをしてもらっているときの背中のぬくもりが気持ちよかったです。してくださった先生の手は少し冷たいのに、背中はすごく温かくなりました。

・TTで、した方もされた方も癒されました。

・TT、とても心が落ち着きました。子どもたちとしてみたいと思いました。それから、90歳の母にもしてあげたいと思いました。

・体にふれられることがこんなにも癒されて、心も体もリラックスできると体感できました。保健室にふらっと来る子どもたちにもしてあげたいなと思います。こんなに癒された研修は初めてでうれしい時間でした。

・初めてTTを経験しました。トントンという軽いリズムは心拍のようで、優しい音楽と温かい手、そして母のおなかにいるような心拍に近いリズムに包まれて、とてもここちよかったです。

・今日、TTを知ることができてとてもよかったです。子どもに限らず、職員に対してもとても有効なものだと感じました。リラックスできて気持ちよかったです。

・今日の研修で新任の時に先輩の養護教諭から言われた「てあて」について思い出しました。〈痛いところに手を当てる、それだけで安心できる。自分のことを受け入れてくれたと子どもは思う。だからてあてって大切なんだよ。〉と教えていただきました。TTにも同じような意味があると思いました。

 日頃、SCとして配置された学校の養護の先生とは連携しながら活動していますが、年に何度か訪れる小学校などでは、相談を受けたときにTTを紹介することはあるものの、なかなか体験していただく機会がありませんでした。これを機に、学校内外で体験会の機会を作り、広めていこうと思いました。

 感想の中で、「さわられるのはいやだ」と思っていた先生が「絶対に自分もやってもらおう」と思うようになり、最後は「癒しの効果絶大」と書かれているのがとても印象的で、それがタッピングタッチだと思いました。

タグ: