活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

福島でオンラインでの支援活動

2020/05/06協会より

2011年3月11日に東北を襲った大地震の影響で、福島の原発が爆発。 その後の福島での生活は一変しました。

福島県須賀川市に住む臨床心理士の冨森崇さんが、タッピングタッチのことを支援活動の中で知り、協会に連絡をしてきてくれたことから、交流が始まりました。 そして協会代表の中川一郎氏は毎年福島を訪れ、彼と一緒に、震災と放射能の被害にどう向き合っていくのか、何を大事にすればいいのかを始めました。

冨森さんは、その後タッピングタッチのインストラクターになり、福島に住み続ける方々の支援を続ける中、「不安と上手に付き合う、向き合う」ためにタッピングタッチを活用してきました。

そして2020年4月。新型コロナウィルスの感染が拡大していくなか、NHKの番組クローズアップ現代が「ストレス危機をどう乗り越える」というテーマで、彼の活動を取り上げてくれました。こちら

これは彼が理事長となった「特定非営利活動法人ハートフルハート未来を育む会」http://heartfulheart.com/ の活動の一環だそうです。東日本大震災と原発事故により被災した子どもと保護者に対して、災害後のこころのケアと放射線不安に関する支援を継続的に行っています。コロナ禍で集まれないことからオンラインで「不安を語り合う」機会を設けて、保護者への支援としてもタッピングタッチを紹介してくれています。

彼が活動の主軸にしてる子育て支援施設「すかがわ子育てネットワークTUNAGU」のHPに、インタビュー記事がアップされていました。
特集 新型コロナ 子どもの心への影響探る(冨森臨床心理士インタビュー)

ご自身と家族の安全や先の生活に迷いながらも、ずっと地道な支援活動を継続されてきた冨森さんの活動に公共放送がスポットを当ててくれたことにとても意味を感じますし、そんな彼の活動の支えとして「ゆっくり、やさしく、ていねいな」タッピングタッチが大事にされていることをとても嬉しく思います。

タグ:

赤ちゃん返りの娘にトントン

2020/04/21インストラクターより

寝起きのケアの3分間~母から2歳の娘へのタッピングタッチ

心のキュッとなることの多い毎日ですね。
県でも感染者がではじめて、急に緊張感が増してきたところです。

タッピングタッチでの家族内でのケアはやはり、今こそ必要であると感じています。夫もこの騒動の中、仕事のストレスも多く、イライラしています。あまりに険しい顔をしているので、仕事の休憩時間にすこしトントン(タッピングタッチ)しみたら、ジョークを言って出ていくくらい緩んだ様子が見受けられました。  

娘は今、2歳。イヤイヤ期などと呼ばれる時期でもあります。自我が強く出てくる時期に加え、私が今妊娠中(もう臨月)で、赤ちゃん返りもはじまり、その上にこの不安定な世の中です。

具体的に何が起きているかを理解しているわけではないと思いますが、やはり子供はとても敏感です。大人、特に母親が少しでも不安定になればすぐ察知して不安になったりご機嫌斜めになったりします。

娘はとても自立したタイプで、今までは抱っこなんてこっちからお願いしてもさせてくれない、くらいだったのに、ここ数か月は抱っこやおんぶをせがんでくることがとても増えました。

触れることで安心感を得る、ということを本能的に知っているのだろうと思います。私が「トントンしてー」というと、短い時間ではありますが、やってくれることもあります。

最近は寝起きのタイミングに甘えてくるので、抱っこしたりトントンしたりしてしばらく過ごすようにしています。娘の好きな音楽をかけて、その一曲の間(タッピングタッチの基本型より短い3~4分程度)トントンしたら、ニコニコ―っと起きました。 動画はこちら

必要なものを、直接届けられないもどかしさはありますが、この状況の中どうかタッピングタッチが少しでも多くの人に届いていくといいなと思っています。

インストラクター 梅津花(鳥取県)

タグ:

タッピングタッチのへや@Umiのいえ

2020/02/13インストラクターより

こどもとトントン  タッピングタッチのへや@Umiのいえ~インストラクター 梅津花 鳥取県~

1月15日、横浜帰省のタイミングと重なったので、行ってきました
トントンぽこぽこほんわり。

のんびりトントンしあう。
たったそれだけのことだけど、心も体もゆるんで優しい気持ちになる。

お腹にいるときからタッピングタッチを受けている娘。するほうも上手になって来て今回は参加者さん、実習の学生さんに順番にトントンして回ってました
「こどもを抱っこしたときにぎゅっと抱き返してくれるようになって、それが今幸せです」
参加者さんがこう話してくれました。触れる、触れられることによる癒しの原点だなぁと思いました。
子供に触れる手、家族に触れる手、隣の誰かに触れる手、その手がふわっと柔らかい優しい手だったら、それだけで十分に癒す力があると思うのです。


忙しい中では忘れがちではあるけれど、大事にしたい時間だなぁと再確認したひとときになりました。

タグ:

ちょこっと紹介(親子向けのリラクセーション)

2019/12/19協会より

タッピングタッチインストラクターでもあり、臨床心理士の田中和代さんの著書「家庭でできる呼吸法でストレス解消~心静かな毎日を過ごそう~」が事務局に届きました。

子どもを中心に家族でできるストレス解消法の本で、2012年に「先生が進める子どものためのリラクセーション(授業用パワーポイントCD・音楽CD付き)」に出版された本の改訂版として出たものです。

その巻末に初版から付録として「タッピングタッチでリラクゼーション」が掲載されていますが、今回タッピングタッチのインストラクションやコラムなど最新にして出版されました。

田中さんは臨床心理士でスクールカウンセラーをしており、子どもの心の支援方法をいろいろ提案されています。今回、「先生が進める」でなく「家庭できる」というタイトルに変更されて出版されており、家庭でのストレスケアに目を向けている感じです。呼吸に着目したストレス解消法が紹介されています。

タッピングタッチをすることで、自然に無理なく呼吸が整っていきますから、ぜひタッピングタッチを使って家族でケアし合えるといいですね。

 

 

タグ:

親子でタッピングタッチを楽しもう♪

2019/05/14インストラクターより

親子で楽しむタッピングタッチ体験会のご報告~インストラクター 簾内久美子~
 
4月24日、子育て支援センターからの依頼で【親子でタッピングタッチを楽しもう♪】0歳児~3歳児の親子8組と素敵な時間を共有できましたのでご報告します。
体験会開催を前にどのように進めていったらわからない状態の私へアドバイス下さった近藤亜美さん本当にありがとうございました。
 

亜美さんのアドバイス無くしてこの満足感は得られない事でした。(写真は亜美さん開催の子育てイベントの様子)協会に相談して良かったです。まず、亜美さんのメールの内容を頭に叩き込んでイメージトレーニングを何度も行いました。時間配分とママたちの反応の仕方など分かり易く教えて頂けたのでとてもイメージしやすかったです。時間配分が予めわかっていたので本番の前にスタッフの方たちに このように進めたいのでよろしくお願いします と確認をとれていたこともスムーズにいった要因でした。
そして一番は亜美さんに教えてもらわなかったら全く気付くことができなかったママたち一人ひとりに数分でもいいからタッチする時間をとるという事でした。これが大切なんだという事をやってみて実感しました。

以下にママさんたちのアンケートをそのまま紹介させてください。

・軽い力で触れているだけなのに手のぬくもりが気持ちよかったです。どうしても肩たたきの感覚で強めにと思ってしまうのを我慢して優しくタッチを心がけていきたいです。
少し触れてもらっただけでしたが眠くなりました。娘はすぐに動き回ってしまうので小1の息子にやってみたいです。
ぎゅっと抱きしめたりはしていたものの、なでるという行為はあまりやっていないので、この機会に時々やっていきたいと思います。

・初めての体験となりましたタッピングタッチでした。優しくふれるだけで、こんなに気持ちが良いのだとびっくりしました。
家事に追われ忙しく過ごすと、子供達と触れ合う時間も少なくなっていたなあと思い返すことができました。今日帰ったら、早速みんなでやってみたいと思います。楽しい時間をありがとうございました。

・ただ触れられているだけなのに、とても心が落ち着き、温かく、気持ちよかったです。子どもがトントンで眠る気持ちがよくわかりました。早く子どもと交代でできる日を楽しみにしています。今日はありがとうございました。 

・子どもと一緒に過ごしていると、赤ちゃんの時と違って触れ方が雑になっているような気がします。また、早く早くと急かす事も増えてきました。今日タッピングタッチを習って、たまには丁寧に時間を使うのも良いなあと思いました。

とても簡単で、音楽も全身リラックスしながら楽しく参加する事ができました。子どもの寝かしつけの時などいつもバン×2たたいていたので、やさしくていねいにタッピングタッチをしようと思いました。今日はありがとうございました。

・日々、育児と家事で慌ただしい毎日の中で、このような癒される時間を過ごすことができて、久しぶりに身も心もスッキリできました。手でそっとふれられるだけで、触れられた所からじんわりあたたかくなってきたように感じました。
今日の体験を通して、楽しい気持ちになったと同時に、他の誰かにやってあげる楽しみ、子どもが大きくなったらやってもらおうという楽しみが増えました。ありがとうございました。

・ありがとうございました。実際にやっていただいてとても気持ちがよかったことはもちろんですが、やっていただいている間に優しいお言葉をかけていただいたのがじーんときました。そういう相手を思いやる気持ちで自分も家族にやってあげたいと思います。

人の手があたたかくて気持ち良かったです。家族でやってみたいと思います。

一人一人にタッチできたからこそ書いてもらえた感想だと思いました。会の最中はママたちも子どもに振り回されたりすることもあり、ちゃんと伝わっているかなあと心配でしたが、皆さん面倒くさがらず時間をかけてアンケートを記入している姿を見た時はホッとしました。
そして後で一枚一枚読んだ時は、あのママたちがこんな風に感じてくれたんだなあとウルッとしてしまいました。

8組の親子との初めてのタッピングタッチを通して私も一歩成長できました。これは皆さんの協力があっての事ですので感謝の一言です。

これからも教えて頂いた事を大切にしながら自分なりにタッピングタッチと向き合っていきたいと思っています。

タグ: