活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

認知症介護者のつどいでの研修に呼んでいただきました

2019/02/26インストラクターより

タッピングタッチ基礎講座A@宮前区認知症介護者のつどい~インストラクター中田利恵~

毎年この時期に川崎市宮前区で行われる、認知症介護者のつどいでの研修に、今年もタッピングタッチで呼んでいただきました。
最初は、介護のお疲れと研修の緊張からか、みなさん硬い表情でしたが、お互いにトントンしあった後の感想のシェアでは、全員が優しく柔らかな笑顔になっておられました。

以下、感想から。

・今後、老人会などで、今日勉強したことを参考に、取り入れて行けたらと思います。また、家でも取り入れていこうと思いました。最後は本当に優しい気持ちになれました。
・「無」というか、気持ちが清らかになったというか、なんとも言えないくらい、「心」が洗われた感じです。包んでさわること、さわられること、幸せです!
・力を抜くことの効果を感じることができました。やさしく触れるだけで、また短時間で、気持ちがこんなに変化することに驚いています。日々の生活でも、優しさとはどういうことかを考える時、まず力を抜いてみようと思います。人と人とでタッチすることで、マッサージ機では絶対にできないことを、こんなに簡単にやってしまうという体験をさせて頂き、人とつながることのあたたかさを知りました。

タグ:

アドバンス講座in沖縄 参加者の声

2019/02/19協会より

2月10日は待ちに待った、アドバンス講座in沖縄でした。沖縄での開催は約2年ぶりとなります。今回の受講者は20名!!終始リラックスした雰囲気の中、素敵な講座となりました。インストラクター養成講座を受けたいという方が続出した参加者の皆様の声をお届けします!

・夏ぶりの受講でしたが、前回と同様、人の手の温もりを再確認する事ができました。言葉は交わさなくても手を添える、触れられているだけで安心することができて、とてもリラックスできました。最近ニュースの話題は児童虐待やDVなど胸が痛むニュースが多いので児童保護施設の子ども達や女性の保護団体施設に保護されている女性たちにもタッピングタッチで心穏やかな日を取り戻してもらえるようなお手伝いができないかと思いました

言葉にならない位に良かったです。自分を基本に家族からそして地球へと広めていけたらという気持ちでいっぱいです。来月3月にでもインストラクターコースを開催して頂きたいです!

人は本来優しく思いやりのある生き物だと思えて嬉しくなりました。ケアする人、ケアされる人、どちらも大切であることが心に響きました。スピリチュアルケアにとても興味があり、人としての在り方、生き方、そして自分の為であり人の為に生きる道を進んでいきたいです。

・改めて自分自身のセルフケアも大切だなと実感しました。子供にももう少し大きくなったらセルフケアを伝えていきたいと思います。子ども達が自分たちの事を守れる術を身に着けて自分を大切にし、そして周りの人を大切にできるケアだと思うので身に着けて大きくなって欲しいなと思います。まずは1つ1つ丁寧に種まきをしていきたいと思います。本当に楽しい研修でした。ありがとうございました。

このタッピングタッチが広まるといい。「学校」「子育てサークル」などに広まるといいなと感じました。帰ったらゆっくり思い返していきます。

心と身体、笑顔になれました。心にも寄りそう保育、そして心に寄りそっていける人としてこれからもタッピングタッチに関わっていきたいと思います。

・タッピングタッチをされる側、する側になってとてもやさしい気持ちになりました。手も温かくなり、人の手はこんなに温かい事を感じる事ができ、手で触れる事の大切さを学べる機会になりました

・今回は二回目の参加でした。思い出しながら楽しく学べました。場所と物もそんなに使うこともなく、いつでもできる、そして小さい子から老人までと誰でもできる人と人との輪を繋げる一つとしてタッピングタッチは大事だと思います。まず身近なところで実践できるようにしていきたいです。

・盛り沢山な内容であっという間の時間でした。半年ぶりの参加でしたので忘れている部分があり、もっと実践的な事が多かったら良かったなと思いました。現場では緊張しながら動いているので自分自身意図して時間を作っていかないとゆっくり、やさしく、ていねいにということが持てないと実感した。ケアする時間を取り戻せるように意識しながら行っていきたいと思います。

・基礎講座からかなり間があいての今回の講座を受講して改めてタッピングタッチの良さを知る事ができました。通常ケアする側は「頑張らなければ!」という気持ちになり力が入りますがタッピングタッチはする側、される側も癒され、安心感が出てくるという何とも言えない贅沢な時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。

・タッピングタッチをする人数が一人増える毎にタッピングタッチの効果を実感できた気がします。一番始めの頃よりも安心感、リラックス感を得る事ができました。筋肉の硬さも次第に柔らかくなり、続けていきたいです。

・約1年ぶりのタッピングタッチをやらせてもらいました。忘れていた優しい気持ちを思い出して心がほかほかしています。職場で同じ思い(タッピングタッチ)を感じてくれる人がいたらなー、増えたらなー、増やしたいなーと思いました。

・スライドを通しての事例など幅広い学びになりました。1つ1つ「ゆっくり、やさしく、ていねいに」の大切さを感じました。日常に取り入れて心豊かに生活してまいります。自然界に対しても優しい人の輪が広がるといいなと思いました。

・基礎講座Aの受講が昨年4月5月だったので久しぶりでやり方の間違いがたくさんありました。再度勉強できてよかったです。

とにかく気持ちが良かったです。「ゆっくり、やさしく、ていねいに」忙しく過ごしている日常の中で忘れていた事だなぁと思いました。そして自分を大切にすることも。まずは自分を大切にして家族、身近なところからやっていきたいなぁと思いました。色々な方の話、色々な場面の話も聞けて参考になりました。まずは子どもと旦那さんにやってあげたいと思います。

毎日が仕事や家事、育児に追われて大切な家族との関わりを後回しにしてしまっていたけどTTを通して忘れてはいけない大切なことに気付く事ができた。スマホやテレビを見る時間よりも家族と向き合い互いの気持ちを共有し合う時間を大切にしたい。相手を思う気持ち、優しい気持ちを教えてくれてありがとうございました

とてもやさしい気持ちになれる講座でした。アドバンス講座とても楽しみにして又中川先生にお会いできる事とても楽しみにしていました。思っていた通りの優しい感じの先生でした。タッピングタッチへの想いがとても伝わりました。学んだことをどのように生かし伝えていこうかと今から考えています。伝えるという事は私にとって少し勇気のいる事ですが貴重な体験、ぜひ生かし広めていけたらと思います

先生の優しいリードで体験した事がとても良かったです。感じながら進められて良かったです。今後“日常”にしていきたいです。ありがとうございました。

 

素敵な感想が聞けた基礎講座

2019/01/24インストラクターより

震災後毎年開催しているタッピングタッチ基礎講座A@埼玉~インストラクター 中田利恵~

1月13日、埼玉県で障害を持つ方に関わるお仕事の皆さんの研修で、インストラクターである夫と共に、タッピングタッチをお伝えしてきました。
今日は、体験後のシェアで、素敵な感想が聞かれたのでご紹介します。
タッピングタッチをしてもらっていたら、空気感が変わって、まるで森の中にいるような感覚になりました
「やってあげる時、はじめは強さはどうかと、気になっていましたが、だんだん自分も一緒に気持ちよくなって、相手を思いやる気持ちに自然になっていました

アセスメント用紙から(20代女性)
した時…
相手の方になりきって、自分だったらこうされたいと客観的に見ながら、タッチできました。
してる時も、気持ちいいんだろうなぁと思い、相手を想像して嬉しくなりました。
してもらっている時…
タッチの手の平から、相手の力加減やリズムが伝わってきました。
本当に体の緊張もほぐれ、リフレッシュされました。

体験会、ブース出展を経てついに基礎講座A開催!!

2019/01/24インストラクターより

待ちに待った基礎講座A開催のご報告~インストラクター 鈴木貴子~

1月12日午後、大阪市東淀川区のよどまちカフェで基礎講座Aを実施しました。8名の方が参加してくださいました。インストラクターの佐々木興子さんと江頭秀明さんがサポートしてくださいました。

昨年8月に参加した大阪経済大学でのイベントをきっかけに、よどまちカフェを運営しているよどまちステーションの方とつながりができ、カフェでの体験会、ステーション主催イベントへのブース出展を経て、基礎講座Aの開催に至りました。最初のイベントでタッチさせてもらった方、体験会へ参加された方のご参加もあり、思い切って企画してよかったと思いました。

重症心身障害児の在宅生活を支えている看護師の方の参加があり、子どもたちはもちろん、支援者やご家族へのケアに生かしていきたいという言葉もいただき、見学のご希望などもあり、すでに実践されているインストラクターの皆さんのお力をお借りせねば、と思っております。

なお、午前中はステーションの2階にあるホスピス型賃貸住宅『かんご庵』でボランティア活動を行いました。ご入居者2名、職員さん3名に体験していただきました。活動を通じて、ケアタッピングについてさらに深く学んでいきたい、と強く感じました。今後も活動を続けていきたいと思っています。

以下、講座参加者の感想です。

・上手下手や、知っている人知らない人に関係なく、やさしさが伝わる、あたたかい気持ちになるタッピングタッチだなと思いました。

・今までタッピングタッチを知らなかったので今日は勉強になりました。もっと日本全国で広がればいいなと思いました。私ももっと深めて仕事で生かしていきたいと思いました。

・タッチしていただいているときはもちろん、自身がしているときもほっこりとあたたかい気持ちになりました。手の温かさとぬくもりで癒されます。ゆっくりやさしくていねいにはじめてみたいと思います。次の講座にもぜひ参加したいです。

・実際に体験したことでより実践してみたいと思いました。家族に試してみます。

・してもらっている時、している時、どちらも身体と心があたたかくなっているように感じました。

・緊張して上手にできなかったけど、相手の方の手がとても温かく気持ち良かったです。

医療や介護関係者によるコミュニティイベントに参加しました!

2019/01/13インストラクターより

イベント参加のご報告~野村仁美 認定インストラクター 愛知県~
 
医療や介護関係者によるコミュニティ イベントに参加してきました。
イベント開催趣旨:子供から高齢者までが集まり、楽しめる地域交流、コミュニティづくりの第一弾として企画。日頃から、高齢者と子供が横断的に集う場所があれば高齢層の孤独を防ぎ、子育て世代層への育児への相談に繋がり、また、未病や予防といった健康リテラシーの啓発や醸成につなげたいという思いのイベント
内容:医療相談、健康測定会、OT, PTといったセラピストによる健康体操、タッピングタッチ、 フィジカルチャージ無料体験(寝たまま運動した時の状況を作る活気的な手法)
冬休み児童向け 元ゴディバのショコラティエによるチョコのデザート作り体験
医療保険などの相談にのる無料保険相談ブース
 
今日はインストラクターの竹下さんや職場の看護師さんも一緒に参加してくださり地域のかたやお子さん多くのかたにタッピングタッチを体験して頂きました。
 
小学校一年生の子に体験してもらったら〝とんとんしようか〟と私の後ろにまわりタッチしてくれて自然とタッピングタッチの列車ができてとっても温かく幸せな気持ちになりました。これからも地域の交流の場にタッピングタッチを広めていきたいと思います。皆様の感想、ぜひお読みください↓
 
 
 
【野村仁美 認定インストラクター 愛知県】

タグ: