活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

心にはいつも喜びを

2017/01/03中川一郎より

さて新年のお年玉として、
哲学者ニーチェの素敵な言葉をシェアさせてください。

『利口であれ。
そして心に喜びを抱け。
できるならば賢明でもあれ。
そして心には、いつも喜びを抱いているように。

これが人生で最もたいせつなことなのだから。』
「ニーチェ 勇気の言葉」より

私にとって、「心にはいつも喜びを」という呼びかけは、とても心に響きます。紛争、テロ、災害、貧困、病気など、世界の厳しい現状を思うとくじけそうになることがありますが、この言葉を思い出すことで心に喜びをとり戻すことができます。

最近は、タッピングタッチのエッセンスを表現するときに、「ゆっくり、やさしく、ていねいに」という言葉を使うことが多くなってきました。この中には「喜び」という言葉は入っていませんが、ゆっくり、やさしく、ていねいにお互いをケアするとき、人は心の安らぎをとり戻し、感謝とともに喜びを感じられていくように思います。

そして、もう一つ大切な言葉をシェアさせてください。

『思いやりや愛は贅沢品ではありません。
それらは自分の内と外の平和の源として、
人類が存続していくための必需品なのです。』
ダライラマ14世

こちらもとても心に響く言葉ですね。世界は今、次期米大統領のトランプ氏の影響もあって、「自国第一主義」に傾き始めているかのようですが、今こそ「思いやりや愛」を持って、お互いを尊重し、支え合っていかなければと思います。

また、相手をケアすることを「思いやりや愛」の表現としてとらえるならば、「ケアし合うことは必需品である」とも言えるでしょう。
タッピングタッチは、シンプルで誰でもが、お互いをケアできる方法として広まってきました。人々が日々の生活の中において、お互いをケアすることを必需品と感じ、思いやりや愛を持って支え合っていけることを心から願います。

タッピングタッチは元々、災害などの多い時代に入って何かたいへんなことがあっても、お互いケアし合って支え合い、厳しいときをのり越えていけるように、との思いから生まれてきました。そして大きいところでは、東日本大震災、そして最近では熊本地震など、様ざまな形で活用されてきました。

タッピングタッチをしたり伝えたりすることを「種まきする」と言ったりしますが、心理、教育、看護、介護、災害支援など、様々な分野で広がりをみせています。その広がり方はとても地味で、草の根が広がるように、じわじわと育ち広がっています。

今年も、ますますタッピングタッチによる活動が活発になり、より多くの人がケアし合い、思いやりと愛、そして喜びの心をとり戻していかれることを、心から願っています。

中川一郎
2017年 1月3日

地域の小学校でタッピングタッチ

2016/12/14インストラクターより

こんにちは♪白鳥志保です。
勤務先の地域の小学校でタッピングタッチをしてきました。
家庭教育学級の講師としてお招きいただき、お父様お母様方、先生方、地域の方が集まってタッピングタッチを体験し合いました。
小学校がご用意してくれた教室が、木のぬくもりのある「ふれあいルーム」でした。
“ふれあう”タッピングタッチにぴったりの教室で、私のテンションもグン!とあがりました(*^_^*)

体験後の参加者の感想は、
「VTRで見て、とても気持ちよさそうだと思ったけど、実際にやったら、もう、なんとも言えないあたたかさを感じた。気持ち良くてびっくりした」
「なんでこんな簡単なやりかたなのに、不思議な感覚になるの?!すごい」
「やっている方もあたたかくなってきた」
「窓から見える景色が変わってきた。普段も綺麗な山だと思っていたけど、タッピングタッチしていると、ますますきれいに見えた」
「(看護師をしているお母様)うちの病院でも取り入れたい。自分でやるのもあるんですか?」とセルフタッピングにも関心をもっていらっしゃいました。
その他にも、子供たちの部活後のクールダウンや、試合の数日前から緊張感が高まるお子さんへのかかわりにやってみたい、という方もいらっしゃいました。

私はこの地域の小・中学校のスクールカウンセラーとして勤務して4年目です。とてもありがたい機会をたびたびいただき、これまで4つの小中学校の子供たち、保護者、先生方にタッピングタッチをご紹介しています。子供も大人もみんなやさしくつながって、楽しく生きていけるといいなあと願っています♡

これからも少しずつ「ゆっくり、やさしく、ていねいに」楽しみながら種まきしていきます♡

【白鳥志保 認定インストラクター 東京都】

横浜市旭区社協だよりに取り上げられました。

2016/10/25災害・地域支援

旭区社協だより 「あさひ いきいき宣言」

特集 東日本大震災、あれから5年 ・・・ 
平成28年3月1日発行

東日本大震災から5年目の今年3月、被災地支援を続けるボランティアのひとりとして、認定インストラクターの中田利恵さんのインタビューが横浜市旭区の社協だよりに掲載されました。 

「タッピングタッチは、何も難しいことはなく誰もができるもの。
ぜひ皆さんもタッピングタッチを心の救急箱に入れておいていただきたいと思います。 」(記事本文より抜粋)

これは今年の春に発行されたものですが、最近一部が手に入りましたので、紹介させてもらいます。5月に熊本、そしてこの10月には鳥取で地震が起きました。子どもも大人も不安が高まるときに、タッピングタッチは、何も道具がいらず、誰でもすぐに使え役立ちます。

11月24日には熊本市で基礎講座が開催されます!

タッピングタッチの講座は、全国各地で開催されています。
日時場所など詳細は、イベントカレンダーをご覧ください。 

 

11月に熊本市で基礎講座開催

2016/10/20災害・地域支援

5月の地震被災支援で、熊本のいくつかの学校や避難所でタッピングタッチを紹介してきましたが、その活動を知った生協の方から講座の依頼がありました。

まだまだ余震があったりして、特に子どもたちの不安が収まっていないのが現状の
ようです。生協主催ですが、組合員以外の方も受講できますので、被災関係だけでなく
日頃の子育てに役立つタッピングタッチを学んでみませんか?

講師は中川一郎さんです。11月23日から熊本入りしますので、熊本で何かお手伝いできることがあればご遠慮なく協会(info@tappingtouch.org  TEL:059-328-5350)までご連絡ください。 

子育て講演会 2016年11月24日(木)
午前は(10時〜12時まで)未就学児の親子対象 定員30組
午後は(13時〜15時まで)大人のみ対象 定員 30人
講師:中川一郎
場所:西部公民館 A会議室
参加費無料(締切11月12日(土)
主催・申込み: 県中西地域本部 組合員事務局 
096-324-8224 グリーンコープ生協くまもと 県央西地域本部 福祉活動委員会

チラシと申込み書は以下をクリック
グリーンコープ生協くまもと タッピングタッチ講座 201611月24日 

2016.9.10~11 インストラクター養成講座①②(神戸)

2016/09/15受講者の声

インストラクター養成講座が神戸で行われました。
養成講座は4日間にわたりますが、その前半二日間の感想を紹介します。

***
★今日、本当にありがとうございました。やさしく ゆっくり ていねいに お教え頂き、ありがとうございました。まだまだ学習の足りていない私にとって、すごく参考になりました。タッピングタッチの理念はシンプルでありながら、難しさも感じます。大切なことなので、自分の中でしっかり咀嚼して伝えていけるように学びを深めていきたいと思います。

★タッチの具体的なやり方、指導の仕方だけでなく、タッピングタッチに含まれるphilosophyを聞き、インストラクターとしてはそれらを知っておくことが大切なのだと感じました。全体の雰囲気であたたかく、ケアし、ケアされる体験を、インストラクターになる人がまずすることは、人に伝えていく上で、とても重要な感じがします。ありがとうございました。

★単なる技法としてのタッピングタッチではない、目の前の不安、ストレスをとるだけで終わってはいけない、この感覚はすごく大事だと感じました。基礎講座では実感できなかった感覚です。ますますタッピングタッチが好きになりました。

★昨日初めてケアタッピングを体験し、言葉がみつからない時でも安心して関われると感じました。やっていて、とても相手のことを大切に思えた体験です。「どんな思いでおられるだろう、どんな気持ちだろう」そしてシンプルに、こんなに人に対して意識して大切に心をこめてふれることの大切さを何度も体験しました。今日は実際に「伝える」ことの難しさも体感しました。タッピングタッチで人としてたいせつなふれあいについて考えました。まだまだ基本形をくり返しやって身につけることが課題ですが、学びもゆっくり楽しくていねいに、しっかりやりたいと思います。

★私はTTを私の数多くある中途半端な心理療法の技法に、もうひとつ加えてみようと思い、この講座を受講しました。しかし、実際に新たに学んでみて、他のTherapyと異なり、相互に(Th-Cl関係ではなく)行うという点が新鮮でした。さらにTherapyではなくcareであるという点もおもしろいと思いましたが、実際にやってみるともちろんTherapyとしても有効です。さらに地域―日本―世界という大きな視点も“想定外”でした。非営利であることもとてもうれしく思います。
***

インストラクター養成講座は、一か月後の③④に続きます。