活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

2017.3.12 アドバンス講座(東京)

2017/03/16受講者の声

3月12日、東京でアドバンス講座が開催されました。
東京はもとより茨城、埼玉、神奈川、群馬と、関東の各地から17人の参加がありました。

以下に、参加者の感想を一部紹介します。
***

★TTを体験したことで、自分がゆっくりやさしくていねいに関わることが大切であること、それを相手が受けとめて関係性の変化につながると分かりました。まず、自分の体験を大切にしたいと思います。今日の力の抜き方、おちついたリズムを体に覚え、日常生活に活かしていきたいです。

★セルフタッピングは一人でも出来るので、復習の意味も含め継続してやっていきたい。終わった後に笑いがでるというのは、精神的に非常にいいと感じた。ストレス解消は専ら「お酒」だったが、タッピングタッチで解消していきたいと思う。

★タッピングタッチへの理解がより深まった。私は看護師なので、患者さんにセルフタッピングを主に伝えていましたが、家族へのタッピングタッチの指導により、患者さんをとりまく環境が良くなり、それが患者さんへの相乗効果が期待でき、さらに効果が広がるということを実感しました。またタッチの強さとリズムが丁寧さにつながり、いやしにつながると感じました。マインドフルネス的な考え方の「今ここに」ということを意識すれば、よりいやしに近づける気がしました。

★緊張していないつもりでも、念を込めてタッピングタッチをしていることに気がつきました。職業柄「さぁ始めますか」と施術しますので、何十年と同じスタイルできているので、その自分が抜けづらい事だとは思いますが、楽に相手と向き合うことが基本なのだと感じました。念を込めることは、相手にも緊張感なるものを感じさせてしまうので、緩めることは難しくなると思います。そしてその人に寄り添う、それなのですね!

★基礎講座Aをうけて、今回が2度目のTTでしたが、タッチの感覚がなんとなくまだわかりません。心と体をケアするということ。ていねいに!ゆっくり!やさしく!ですよね。まだ自分の体にしみてないので、体で理解するところまではできなかったです。でも少しずつ理解し、体で覚えたいと思います。続けてみようかなぁ!!

★タッピングをする側になっていながら、自分がリラックス出来たり、思いやりの心があふれて来ることに驚きました。今の仕事では、楽になって欲しい、楽にしてあげたいと自分の気持ちが前面に出ていたと反省しました。自分の身体の痛みも感じなくなり、効果にビックリしました。念を入れず、氣も入れず、ありのまま、ひなたぼっこの様に、という気持のあり方が勉強になりました。

***
開催講座についての最新情報はイベントカレンダーをご覧ください。随時更新しています。

熊本市益城町でボランティア

2017/03/09インストラクターより

 2月27,28日の2日間、中川一郎さんのボランティアに参加しました。私にとって被災地でのボランティアは初めての体験でした。
 
 1日目10日ほど前に福岡の(インストラクターの)石田さんとボランティア達が行ったと同じ、「広場とんとん」で6組の親子(1~4歳児)と行いました。母親同士の基本型の後、「子供の世話と被災生活の中やってもらってとても癒された時間でした」という声を聞きました。
 2日目は仮設住宅の5組の方々と行いました。

 鎌田実さんのことば「1%の力を誰かのために」と思い参加しましたが、被災の現場を見て、自分の周りにも広げる必要性を感じました。                 (岐阜県 川本)

2017.2.26 専門講座(鹿児島)

2017/03/02受講者の声

桜島(鹿児島県)

鹿児島臨床催眠研究会の第10回研修大会にて、専門講座が行われ、
臨床心理士や医師など、専門職の方々が熱心に参加されました。
受講者の感想を一部紹介します。
***

★タッピングタッチは初めての体験でしたが、リラクセーションや呼吸法とはまた異なった体験ができてとてもよかったでした。リラクセーションなどは、1人で自分の内なるところに没入していくような感じではありましたが、ケアタッピング(2人1組でのワーク)では、一緒にしている感じ、関係を共有している感じというか、すごく他者との繋がりというのを感じました。

★自分でも驚くほど、リラックスできた。実際に体験した後、身体も頭もスッキリした感じでした。

★すごく手ごろながらも、安全で効果的なケアの方法を学べたと思います。伝えたいと思う親子さんがいろいろ思い浮かびました。

★タッピングタッチの経験はなく、今回が初めてでした。考えていたよりもずっとやりやすくて自然にできました。特にセルフケアは難しく考えることもなく、余計なことを考えず、安心できるので、体験できてよかったです。自分にもクライエントにも活用できそうで勉強になりますし、楽しんで体験できました。

★始めのころは半信半疑的なところがあったが、実践を通してその効果を実感することできたように感じる。

★タッピングタッチについて、技法上の理解しかしていなかったのですが、共感的、受容的な要素の多いものだと思いました。それは一音(中川一郎)さんの語り口もあるのかと思いますが。触れるということを通じて、私とあなたの大事な部分に触れられる心地良い体験でした。

★とても勉強になりました。直接会わない相手へも支援の輪が拡げられる可能性に興味をもちました。

***
専門講座は年に何度か開催されています。講座の予定は、イベントカレンダーをご覧ください。

2017.2.11 インストラクター研修(基礎B)

2017/02/16受講者の声

三重県四日市市で「インストラクター研修(基礎B)」が行われました。
この研修は、認定インストラクターさん対象で、基礎講座B(生活におけるお互いのケアとセルフケアを学ぶための講座)の内容を中心にしたものです。
感想の一部を紹介します。

***
★一音(中川一郎)さんの講座を受けるたびに、原点に帰れる!という感じです。ホリステッィクについて冷静に謙虚に自分の中に落としこみ、実践できるようになることは、私にとって永遠の課題のようですが、忘れずにいたい大切なことになっています。1人では忘れそうになることや、ぞんざいになることも、みなさんとご一緒できて、一音さん祥子さんと会えて話をきけることで、思い出し、また歩き出せそうな気がしています。(M.Y.)

★タッピングタッチの本質のお話が特に心に残りました。一時的なもので終わるのではなく、ケアを続けていくことで得られるものに目を向けてやっていこうと思います。まずは家族間からゆったり丁寧に焦らず工夫して、ケアタッピングができるようになっていきたいと思います。ありがとうございました。(M.S.)

★深いセルフタッピングをこの場で体験して、自分と一緒にいる、今ここ、この瞬間にいることを体験することができました。セルフとお互いにすることのそれぞれの良さ、そして両方あってこそ、両方のバランスが大切ということも、午前中の基礎講座Bで体験できました。インストラクター同士は、カフェへお互いの講座で会い、交流も楽しみで、いろいろな気づきもありますが、今日のような一音(中川一郎)さんからいろいろお話が聞ける場があると、本質をあらためて再確認でき、タッピングタッチの深さ、社会へのつながり、今この現代社会での必要性や、自分にできることを考える機会がいただけてとても良かったです。(J.T.)
***

認定インストラクターは、養成講座(4日間)の後も、タッピングタッチを正しく教えることができるように常に研修を重ねています。その上で、基礎講座を開催していますので、初めての方も安心して参加していただけます。

最新の講座情報はイベントカレンダーをご覧ください。

小学校の特別支援学級でのミニ講座

2017/02/13インストラクターより

 私が週に1度勤務している小学校の特別支援学級の先生にタッピングタッチを紹介したところ、是非、児童にも教えて欲しいという事で1月19日(木)に授業時間(45分)をいただきミニ講座を開く事ができました。時間が短い事や特別支援籍の児童である事を考慮して、最初の説明は最小限にして、すぐにデモ、相互タッピングへと移りました。2人組の組み合わせは、それぞれの障害の特性や程度、関係性への期待などを考えて担任の先生が決めてくださいました。職員と児童で組んだ組が4組、児童同士で組んだ組が2組でした。

 すぐに背もたれに頭を載せて眠っているように気持ちよさそうにしている子や、目に入る友達が気になって、ひっきりなしにしゃべっている子(途中から座る向きを工夫すると徐々におしゃべりが減りました)がいましたが、皆、とても上手で、特に特別支援学級に入る前に、何度か相談室で私がやってあげた事のあるAくんは、びっくりするほど優しく丁寧にできていたのが嬉しかったです。そんな中、Bさんは、手の形や力の抜き方が難しく最後までぎこちないタッチでした。あまりしつこく手直ししてもよくないので、あきらめて、そばを離れると「先生見て、これでいいの?」と(私の気を引くためだった可能性もありますが)何度も訊いてくれて意欲を示してくれました。後から担任の先生が「Bちゃんが、やっていたのがすごい事」と言っていました。自立への意欲の薄い児童で、何事も誰かがやってくれるまで黙って待っている事の多い児童なんだそうです。タッピングタッチが彼女の意欲を引き出せていたのでしたら本当に嬉しいですよね。最後に「感想を言ってくれる人!」と言うと全員が手を挙げてくれて、それぞれ「気持ちよかった」「家でお母さんにやってあげたい」などと言ってくれました。

 一週間後、その学校に勤務の日、担任の先生が「あの日、2人の男の子が家でお母さんにやってあげたみたいで、お母さんが連絡帳に感想を書いてくれたんですよ」と言ってコピーをくださいました。そこには「タッピングタッチをやってもらいました。思っていたより軽いタッチに驚きましたが、なんとなく落ち着く感じでしたね。」(Cくんのお母さん)「学校から帰ってすぐに私の後ろにまわり何か背中をさわってきました。何をしてるのと聞くと、タッチだよと言う。あらためてありがとうと言ったら、またやってくれました。」(Dくんのお母さん)と書いてありました。親子の素敵な時間のお手伝いができたようで、私の心もほっこりしました。

【報告者 K.N.(埼玉)】