活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

TVでの報道履歴(被災者支援)

2016/04/29災害・地域支援

タッピングタッチは、過去に何度もテレビで取り上げられています。
反響が大きかったのは、東日本大震災後で、
 
 2011年3月25日 NHKあさイチ 
 
 この日の『あさイチ』で、タッピングタッチがとりあげられました。不眠対策に効果があるとの丁寧な説明と、阪神淡路大震災や、新潟中越地震の時にも活躍したタッピングタッチの映像も交えて、ていねいに紹介されています。
 またこの時には、東京在住のインストラクターの更科さんがスタジオに出かけ、タッピングタッチのやり方を井ノ原(いのっち)さん達に紹介しています。全国放送で、東日本大震災が起こってまだ2週間でしたから、多くの方々が興味をもって観られたことと思います。以下は、Youtubeにアップされているのを見つけましたのでご紹介します。
 
2011年4月20日 NHK「ためしてガッテン」 
 
 東日本大震災で多くのTV番組が自粛しましたが、NHKの『ためしてガッテン』もこの日が久しぶりの放映でした。被災者支援を意図して、テーマは「避難生活が楽になる裏ワザ」でした。その一つとして、タッピングタッチに不眠解消の驚くべき効果があると紹介されました。東北のインストラクターさん達が大活躍され、多くの避難所でタッピングタッチが紹介されたのですが、この番組では被災者の方々がリラックスし不眠が解消する様子が放映されました。次のサイトは、新しくなったためしてガッテンのサイトにある過去の放送のページ。まとめが印刷できるようになっています。
 
 
 
2011年3月30日 山形放送 
 山形放送によるタッピングタッチの報道です。とても短いニュースですが、タッチの仕方などうまく紹介されてます。母親が子供にする様子も入っていて、とても分かりやすいビデオです。以下は、Youtubeにアップされているのを見つけましたのでご紹介します。
 
2011年4月1日 Jチャンネル宮城
 

宮城県岩沼市での支援の様子が報道されました。あまり画像がよくないですが、参考にしてください。 以下は、Youtubeにアップされているのを見つけましたのでご紹介します。
https://youtu.be/8EE5LHAaggc

 
 
 
 
 
 
 
 

タッピングタッチ被災者支援

2016/04/26災害・地域支援

 このたび九州での大震災により、お亡くなりになられた方々へお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
 この度の震災への対応として、タッピングタッチ協会としては、これまでの経験を活かし、認定インストラクターと共に支援活動をおこなっていきたいと考えています。支援活動の一つとして、以下のビデオでは、タッピングタッチを使ったセルフケアの方法をご紹介します。タッピングタッチは簡単に学べて、すぐに利用できますので、ぜひ試してみてください。
 

中川一郎さんによる「熊本地震における タッピングタッチによる被災者支援」のレポートには、
小学校や大学、指定放課後等デイサービス事業所、介護老人保健施設などでの活動の様子が、写真とともに書かれています。ぜひご覧ください。「中川いちろう活動レポート」

タッピングタッチで被災者支援を行ってきたことが、過去度々テレビで取り上げられてきていますので、ご覧ください。こちらの支援履歴のページへ

タッピングタッチを通しての支援の仕方には、以下の4つの方法があります。

① 小冊子を購入する。

「タッピングタッチ〜基本と被災者ケアのための小冊子」500円 を購入していただくと、その売上が被災者支援活動に使われます。 5冊以上で送料が無料。10冊以上は10%割り引きます。

② 講座を受講する。

全国で開催されているタッピングタッチの講座(基礎講座やアドバンス講座 )を受講し、ご自分の被災者支援ボランティア活動に生かすことができます。 

全国での講座予定はカレンダーに随時アップしています。イベントカレンダー 

九州での講座(詳細はカレンダーでご覧ください)
★基礎講座A 
2016年4月30日(土)10:30〜12:00 福岡市内
2016年5月3日(火)13:00〜15:00 産業カウンセラー協会福岡支部
2016年5月7日(土)15:00〜17:00 福岡市内
★アドバンス講座
2016年5月14日(土)10:00〜16:00 福岡県春日井市クローバープラザ

③ タッピングタッチ協会の会員になる。

会員になって、協会の活動をサポートできます。 入会のご案内へ

④ 寄附をする。

タッピングタッチ協会に寄附をして、協会の活動をサポートできます。2011年度には、被災者支援のためという寄附をいただき、パンフレットの増刷や小冊子を発行することができました。

振込先: 郵便振替口座:00880-4-85944 加入者名:タッピングタッチ協会

5月14日アドバンス講座(福岡)被災者支援に重点

2016/04/19災害・地域支援

5月14日(土)は、アドバンス講座(福岡)が開かれます。

(クローバープラザのHPより

10時〜16時、福岡県春日井市のクローバープラザにて。

今回のアドバンス講座は、もともと予定されていましたが、先週から続いている熊本地震の被災者支援に重点をおいた「専門講座」としても開催することになりました。

通常アドバンス講座は、基礎講座Aを修了している必要がありますが、今回はケアに携わる専門家(カウンセラー、看護師、保健師、医者、教員、社会福祉士、介護福祉士など)であれば基礎講座Aを受けていなくても受講できるものとします。

内容は被災者支援に焦点をあてたもので、対人援助者やボランティアさんが受講して役立つものになる予定です。

申込み・問合せは、タッピングタッチ協会まで。
①名前、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤メールアドレス、
⑥ご希望の講座名、⑦受講した基礎講座Aの日付と講師名 
⑧その他資格等、を明記の上お申し込みください。

 

2016年4月・5月分の講座予定表ができました

2016/04/12協会より

2016年4月・5月分の講座予定表ができました

開催講座の情報はイベントカレンダーでも見ることができますが
この講座予定表は、プリントアウトした時により読みやすいように作ったものです。
ご活用ください。

2016年4月5月講座予定表
PDFをダウンロードして印刷してください。

注目のイベント(2016年4月)

★インストラクター養成講座@東京

カルチャー棟(国立オリンピック記念青少年総合センターHPより)

2016年のインストラクター養成講座@東京が始まります。

①4月16日(土)10:00〜17:00
②4月17日(日)9:00〜17:00 
③5月21日(土)10:00〜17:00
④5月22日(日)9:00〜17:00
渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターにて。

タッピングタッチの基礎と応用を学び、個人、家族、そしてコミュニティ全体の健康を促進できるような「タッピングタッチ認定インストラクター」になるための講座です。

 ★基礎講座C@静岡

4月24日(日)13:30〜16:30
静岡で、基礎講座A・B・Cが順番に開催されています。
講師は認定インストラクターの中田利恵さんと近藤亜美さん。

基礎講座A・B・Cを修了することで、インストラクター養成講座の
受講申請が可能になります。

申込方法等は、イベントカレンダーをご覧ください。

 

 

インド・ネパール タッピングタッチ研修

2016/03/15海外活動

Visiting India & Nepal 2016

 インドとネパールを訪れ、タッピングタッチの講座と支援をおこなってきました。
3月1日に出かけ、帰国したのが13日でしたから、正味11日間の旅でした。
まだ帰って二日目で、時差と疲れが残っている状態ですが、少し文章にてお伝えします。
 日本からのフライトの乗り継ぎをいくつかして、インドのカルカッタに着いたのが1日の夜中。アシスタントとしての参加の石田有紀さんとの合流は無事にできたものの、予定されていた迎えが見当たらず、急きょホテルを手配してカルカッタ市内で宿泊。多くの国では、「現地へ行ってみないと分からない」ことが多いのですが、しょっぱなからでやはり冷や汗もの・・・

 翌日、カルカッタからオリッサ郡のブバネーショワルまで、鉄道で南下。よく使いこまれてきた感じのある、どっしりとしたExpress Train。6時間ほどかけて着いた駅で、ようやく現地の迎えの人たちと合流。そこからまた350キロほどの険しい道を自動車で6時間。ようやく最初の研修場所であるソーリー村に着いたのが午前3時頃。翌日の午前中から、その地域の教育やケアにたずさわる人たちを対象にした2日研修をはじめる、といった旅の始まりでした。
 ここでは、今回の研修と支援の旅でとくに印象にのこったことや私にとっての大切な学びなどを二つだけ書いてみたいと思います。

 まず、今回の旅は、暑いインドとまだ肌寒いネパールの両方をまたいだジャーニーだったことに加え、文化や言葉のチャレンジを多く感じたものでした。どちらの国の言葉もできない私たちとって、英語でしかコミュニケーションをとれないのですが、現地のNGOの職員さんでさえ英語の達者でない人が多いのが現実です。けっこうできそうな人でも、「インド英語」だったりして、英語で話してくださっているはずなのですが、かろうじて内容の主旨がつかめる、ってこともよくあることでした。
 2国への訪問で、Tapping Touch International Basic Trainingというものを計3回(2日研修を1回、1日研修を2回)おこなったのですが、それぞれに通訳をしてくれる人が違い、その程度によって話のニュアンスなど、伝わり方がまったく違ってきます。
そのうえネパールでは、電気の配給制があってプロジェクターが使えないこともあり、教えることに工夫と柔軟性を求められることが常でした。これまでアフリカなどを含め、様々な条件で教えてきましたから、なんとかなりはしましたが、やはり言葉が自由に使えず、お互い伝えたいこと、聞きたいことがスムーズにできない時は、ほんとに歯がゆい思いをします。

 そんななか、タッピングタッチ自体は、異文化、言葉のハンディ、気候の違い、停電などをものともせず、しっかりと役立ち、伝わっていってくれました。例えば、上記した初めの研修先のソーリー村にあるChild Development Centerでの研修には、教師なども含む50人ほどの方が2日研修を受けてくださったのですが、たいへん熱心でした。
 この地域の人々にとって、タッピングタッチはとても異文化なものだった可能性がありますが、大切に学び、受けとっていただけました。受講生の一人は、近隣の小学校の校長先生でしたが、学校で導入したいからと、さっそく私たちを呼んで、子ども達に教える機会も頂きました。どこでも、タッピングタッチの優しくゆったりしたタッチとケアは、やはりたいへん好評でした。

 もう一つ大切に感じたことは、タッピングタッチはケアの手法であり、治療法やセラピーではないということです。(英語では It is a method of care と表現することが多かったのですが、ケアのメソッドであり、ケアし合う為のメソッドですね。)
 タッピングタッチは、治療法ではない、ということは何かを治そうとしてトラブルが起こらないように、また、医療行為にならないことで問題がおこらないように、といった理由が含まれていますが、海外での研修でより明確になることは、「治す・治さない」「治る・治らない」といった二極論に陥らないことの大切さです。
現代は、多くの国で、災害、紛争、汚染、貧困、劣悪の仕事や生活環境などが原因で、様々な病気や障害が増えています。その為、一般の人々も専門家もなんとかその病気や苦しみを軽減する為に、よい治療法や解決策を求めるわけですが、落とし穴としては、治るのか治らないのか、といった二極論に堕ちいってしまうことです。
 今回、インドとネパールでおこなった研修でも「TTは治るのか?治るとしたらどんな病気に効くのか?日に何度すれば効いてくるのか?」といった質問がよくありました。
その度に私は、『タッピングタッチはケアのメソッドであり、「治る・治らない」にこだわり過ぎず、「お互いをケアしあう」ということを一番大切にしたい。その結果として、とてもよいことが起こることをたくさん見てきました』といった主旨のことを丁寧に説明しました。
 以前にインドのチェンマイでおこなった研修では、ポリオによる強い障害のある若者へのタッピングタッチをおこないました。その父親とソーシャルワーカーに仕方を教える研修風景のビデオを観たかたもおられると思いますが、身体への変化はあまりありませんでした。でもこの体験で学べることは、やはり、病気や障害がとくに変化しなくても、家族でのケアがとても貴重であること。そして、外面的には変化が見られなくとも、心が癒されたり、関係性が変化したりすることが多いこと。その内面の変化によって、人々が厳しさをのり越え、心優しく、力強く生きていくことが可能になるだろうこと・・・そんなことが含まれていました。
 今回の旅では、ネパールの大地震による甚大な被害を受けた山岳地帯へもタッピングタッチを届けることができました。そこでは、主にメンタルヘルスの自助グループと母親のグループへの講座が主でしたが、原因も治療法も不明の、脊髄側弯症のような症状を持った子どもと母親にも会うことができました。
 ここでは詳しい説明を避けますが、タッピングタッチをしばらくしていると、子どもの痛々しく、かたく折れ曲がっている手足が緩みました。苦しそうな声や表情も収まり、少しずつ笑顔が見えてきたころ、母親と交代し、仕方を教えながら、ケアのタッチを学んで頂きました。楽そうにしている子供をケアする母親からは深い愛情が感じられて、ジンときました。そのあと、この母親にも石田さんからタッピングタッチを受けてもらいましたが、終わって「ほんとよい気持ちです」と言われた時の素晴らしい笑顔が、今も心に深く残っています。
 この時も大きな変化があったわけでもなく、病気が治ったわけでもありません。でも、ケアされた子供が楽になり、幸せを感じているような様子、その愛しい子供をケアする母親の愛、この子が痛がったり苦しがったりした時に、それを楽にできるケアの方法を学んだことによる安堵感、そして、継続してケアしていくことで起こるかもしれない治癒的効果への希望など・・・様ざまな効用を感じることができました。これらはすべて、「治る・治らない」という視点からは見えにくいものだと思います。そしてもっと深い所のケアや愛情といったものの大切さや素晴らしさを教えてくれるのではないかと感じています。

結局ながい文章になってしまいましたが、今回の海外訪問の様子や学びを感じていただけたでしょうか? 少し落ち着いたらレポートを書いたり、講座などでいろいろとお伝えしたりしたいと思いますので、楽しみにしていただければと思います。
 とにかく、前回のカンボジア訪問に加えて、インドとネパールでの厳しい環境や生活に触れ、タッピングタッチを伝えることを通して、タッピングタッチの本質が見え、海外の人々や家族にもとても役立つことがよく分かりました。そして、今の時代の厳しい現状
にタッピングタッチがとても役立ち、求められていることも実感できました。
 このことで、私はがぜんやる気が出てきていて、みなさんと本腰をいれて国内外での種まきに精をだしたいと感じています。みなさんとご一緒できることを楽しみにしています。

一音 (中川一郎) 2016年3月15日