活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

~第一回 タッピングタッチフレンドシップのつどい in大阪~

2020/02/06インストラクターより

タッピングタッチフレンドシップのつどい開催のご報告~インストラクター 鈴木貴子 兵庫県~

12月21日(土)、記念すべき第一回TTフレンドシップのつどい in OSAKAが、大阪経済大学の70周年記念館1階ギャラリースペースでありました。インストラクター10名が参加しました。

まずは「TTフレンドシップってどんなもの?」を全国大会の資料を元にみんなで共有。
その後「じっくり自己紹介」しました。全員が、タッピングタッチと自分のことをたくさんたくさん話しました。ここで予定の2時間近くになりましたので、皆さんに了解いただいて、その後、この日のタスクでもあった、継続的に運営していくための考え方を話し合いました。

1回目を開くにあたり、世話人となった澤田さんと鈴木がこんな感じかな~という叩き台を作っていたので、それをみんなで叩いて、一音さんにも方向づけを手伝っていただいて、形にしてもらいました。

皆で確認したのは
・今日のメンバーでまずひとつのグループを作る。
・大阪を中心とした地域(わりと広め)を活動地域としてイメージ
・ここから、さらに地域に密着したグループが生まれていくことを大いに期待!!
・参加対象は、インストラクターと、基礎講座ABC、アドバンス講座、専門講座、TT健康プログラムなどを受けた人とする
・情報伝達には、このグループとしてのメーリングリストを立ち上げることにする
という感じだったと思います

最後に一音さんから、セルフタッピングの猫の足踏みバージョンを教えていただいて終わりました。

自分にできることを、みんなが、さりげなくしてくれる、安心できる素敵な場でした。皆さん、ありがとうございました。

その後、残れる方でランチに行きましたが、今日の会場は登録したら使えるとのことで、新しい活動のアイデアも生まれてきました

ご予定いただいていたのに、体調不良やご都合で参加できなかった方もいらっしゃいました。これからも情報発信していきますので、ぜひご参加ください。

自分たちで、無理なく、楽しく、外に向けて、継続的に活動していく。うん、やっていきましょう~!!

2月29日・3月1日 東京にて開催 基礎講座A&心のケア専門講座 お申込み受付中!!

2020/02/04お知らせ

2月29日(土)東京にて開催される基礎講座Aは、タッピングタッチ開発者の中川一郎氏です。

2時間で、タッピングタッチのエッセンスを深く体験できるこの講座をお見逃しなく!!

 

また翌3月1日(日)は心のケア専門講座が東京にて開催されます。昨年大人気だった講座をお見逃しなく!!

チラシはこちらよりダウンロード下さい↓

基礎講座A 2020.2.29

心のケア専門講座 2020年全国6ヶ所

心のケア専門講座@ 裏面

お申し込みはこちらまで→メール:info@tappingtouch.org

2月22日基礎講座B in 神戸 お申込み受付中!!

2020/01/16協会より

2月22日(土)神戸にて開催される基礎講座Bは、タッピングタッチ開発者の中川一郎氏です。

2時間半でセルフケアを深く学びます。自分のペースでいつでもどこでもできるセルフケアの大切さや、セルフケアの為に特別に編集されたCD(販売あり!)を使った深い癒しの体験は、タッピングタッチの奥深さを知ってもらえる体験となるでしょう。タッピングタッチのエッセンスを体験できるこの講座をお見逃しなく!!

チラシはこちらよりダウンロード下さい→基礎講座B 2020.2.22

お申し込みはタッピングタッチ協会まで→info@tappingtouch.org

NPOネットワーク 2019年12月号に掲載されました!

2020/01/07協会より

 協会事務所がある三重県四日市市にある市民活動センターの機関紙「NPOネットワーク2019年12月号」に全国大会(2019年8月24、25日、三重県菰野町開催)の様子を掲載して頂きました。

掲載ページはこちらより↓

p2ネットワーク12月号

P3ネットワーク12月号
※なやプラザのウェブサイトでも広報誌の内容を紹介されています。ぜひご覧ください。↓

NPOネットワーク ’19/12月号

タッピングタッチフレンドシップとは

2020/01/06協会より

Tapping Touch Friendship ~タッピングタッチ・フレンドシップ~

<主旨>
タッピングタッチ・フレンドシップは、タッピングタッチ(TT)を学んだ人たちが、継続した体験と交流を通して、ケアのあるライフスタイルを身につけながら、TTを活用したボランティア活動に参加したりすることができる自助・共助の集いです。

<目的・効用>
* 定期または不定期に集まり、TTによるケアを気軽に体験できます。
* TTの集いを通して、安心して人と関わることができます。
* ボランティア活動などで人をケアしたり、交流したりすることで社会貢献にな り、また自分自身の健康促進にもつながります(生きがい、楽しみ、他)。
* 地域のニーズに応じて、学校、養護施設、被災者支援などでの支援活動や地域作りに参加することができます。

<対象>
* TTを継続して体験学習したり、ボランティア活動をしたりしてみたい人
* 基礎講座ABC,アドバンス講座、専門講座、TT健康プログラム、などを受けた人主催者の許可があれば、基礎講座Aのみの受講者も参加できますが、継続するためにはなるべく上記②を満たすようにしてください。

<開催・運営>
* 認定インストラクターが主催者、またはアドバイザー的な役割をしてください。* 地域のフレンドシップの設立においては、TT協会へ連絡して連携してください。
* TTフレンドシップへの参加者に関する個別な登録は必要としません。
* 参加希望者は、事前に主催者に連絡し、許可がおりれば参加することができます。
* 運営費や場所代などを考慮して、継続可能な参加費を設定してください。
* ボランティアや支援活動は、無理のない範囲でおこなってください。

<「体験会」や「TTカフェ」等との違いについて>

TTフレンドシップは、① 継続的な集いであることと、② ボランティアや支援活動をおこなうことも含まれること、③ 基礎講座ABCなどを修了して、TTの理解がある人達の集いであること、などです。