活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

小学校の特別支援学級でのミニ講座

2017/02/13インストラクターより

 私が週に1度勤務している小学校の特別支援学級の先生にタッピングタッチを紹介したところ、是非、児童にも教えて欲しいという事で1月19日(木)に授業時間(45分)をいただきミニ講座を開く事ができました。時間が短い事や特別支援籍の児童である事を考慮して、最初の説明は最小限にして、すぐにデモ、相互タッピングへと移りました。2人組の組み合わせは、それぞれの障害の特性や程度、関係性への期待などを考えて担任の先生が決めてくださいました。職員と児童で組んだ組が4組、児童同士で組んだ組が2組でした。

 すぐに背もたれに頭を載せて眠っているように気持ちよさそうにしている子や、目に入る友達が気になって、ひっきりなしにしゃべっている子(途中から座る向きを工夫すると徐々におしゃべりが減りました)がいましたが、皆、とても上手で、特に特別支援学級に入る前に、何度か相談室で私がやってあげた事のあるAくんは、びっくりするほど優しく丁寧にできていたのが嬉しかったです。そんな中、Bさんは、手の形や力の抜き方が難しく最後までぎこちないタッチでした。あまりしつこく手直ししてもよくないので、あきらめて、そばを離れると「先生見て、これでいいの?」と(私の気を引くためだった可能性もありますが)何度も訊いてくれて意欲を示してくれました。後から担任の先生が「Bちゃんが、やっていたのがすごい事」と言っていました。自立への意欲の薄い児童で、何事も誰かがやってくれるまで黙って待っている事の多い児童なんだそうです。タッピングタッチが彼女の意欲を引き出せていたのでしたら本当に嬉しいですよね。最後に「感想を言ってくれる人!」と言うと全員が手を挙げてくれて、それぞれ「気持ちよかった」「家でお母さんにやってあげたい」などと言ってくれました。

 一週間後、その学校に勤務の日、担任の先生が「あの日、2人の男の子が家でお母さんにやってあげたみたいで、お母さんが連絡帳に感想を書いてくれたんですよ」と言ってコピーをくださいました。そこには「タッピングタッチをやってもらいました。思っていたより軽いタッチに驚きましたが、なんとなく落ち着く感じでしたね。」(Cくんのお母さん)「学校から帰ってすぐに私の後ろにまわり何か背中をさわってきました。何をしてるのと聞くと、タッチだよと言う。あらためてありがとうと言ったら、またやってくれました。」(Dくんのお母さん)と書いてありました。親子の素敵な時間のお手伝いができたようで、私の心もほっこりしました。

【報告者 K.N.(埼玉)】

タグ:

2017.1.21 産業カウンセラー研修

2017/01/26受講者の声

今年も『日本産業カウンセラー協会 東京支部』の研修が行われました。
毎年、たくさんの産業カウンセラーさんが参加され、インストラクター養成講座を受講される方も多い講座です。
参加された方の感想を紹介します。
***

★とても心地良い時間を過ごせました。日々忙しい中でやさしくゆっくりていねいにができていなかったことにあらためて気付き、そういう時間をつくることの必要性も気付きました。まずは身近な家族、自身で使いたいです。どうもありがとうございました。

★軽いタッチが意外と体に感じることがわかりました。グーはあたたかいものが体に流れる感じ、なぜか子供と幼稚園に通っていた頃のことを思い出しました。体も心も軽くなる、とてもここち良い体験でした。帰ったら、まず主人に感謝の気持ちでしてみたいと思いました。

★何も道具を使うこともなく、とてもシンプルであるけれど、ケアする人もされる方もここちよくなれるという点がとても魅力的だなと思いました。今日の3時間だけでも、自分のもやもやした気持ちであるとか、体の痛みを軽減させることができました。現在は小さいお子さんを持つお母さんの支援や異文化交流の理解を深めるようなNPOを立ち上げて地域で活動しています。お母さんや子どもたちだけでなく、日本在住の外国人やリエントリーショックで悩んでいる人や海外赴任を前にして心配な心を持っている人たちなどにも、シンプルなタッピングタッチは心を落ち着ける効果があるのではないかと思います。自分のペースで今後も学んでいけたらいいなと思います。ありがとうございました。

★ケアされる、ケアする、お互いのケアが、ほほえみにつながることが実感できた。ことばを使わないコミュニケーションは、より心に響くことがあると感じた。「私自身」の時間を感じられるものだと思う。家に帰ってから、認知症になっている母にもしてあげようと思う。

★本日はありがとうございました。セルフケアの一つとして、新しい気づきがありました。自分自身に体感がありましたので、自分が導入教育で新人へメンタルヘルスを実施している中で紹介できると感じました。今後色んな情報があれば教えていただきたいと思います。

★かなり前に習ったことがあり、その後本などで自分なりに勉強してきたが、やはり実際にこういう場で教えていただいた方がわかりやすかったです。セルフケアもできて、双方でのケアもできるのがタッピングタッチのいい所だと思いました。

***

2017年協会主催の基礎講座B&C予定

2017/01/22協会より

今年は、タッピングタッチ開発者の中川一郎さんが基礎講座Bと基礎講座Cを
全国各地で開催します。

基礎講座Aでタッピングタッチの基礎を学んだ方が、自分自身をケアする方法と、より深いケアを体験し、またケアが特に必要な方に効果的なケアタッピングをじっくりと学ぶことで、タッピングタッチを実際の生活に取り入れていくことができます。基礎講座Aを修了していれば、順番は関係なくBとCを受講することができます。

また「基礎講座B」と「基礎講座C」(またはアドバンス講座を修了)することで、インストラクター養成講座の受講申請が可能になります。現在、全国には約270名のインストラクターがおり、様々な地域や分野において活躍されています。

スケジュールはカレンダーでも確認できますが、以下のチラシをご覧ください。
2017年協会主催B&C講座一覧チラシ  
20160211基礎講座B@四日市チラシ

 申込みは、協会までお早めにどうぞ!!

2017年アドバンス講座の年間予定

2017/01/22協会より

アドバンス講座(約5時間)は、タッピングタッチの理解を深め、
ケアタッピングの仕方も学ぶことで、日常生活でのより効果的な利用を可能にします。
また、看護、介護、教育、心理、災害支援など、専門分野での応用のありかたを学びます。

基礎講座Aを修了していれば受講することができます。
アドバンス講座を修了(または、「基礎講座B」と「基礎講座C」を修了)することで、
インストラクター養成講座の受講申請が可能になります。
現在、全国には約270名のインストラクターがおり、様々な地域や分野において活躍されています。

2017年 アドバンス講座年間予定 (時間10:00〜16:00)

3月12日(日)場所:東京(オリンピック記念青少年総合センター)
3月19日(日)
場所:沖縄(那覇市 いらはクリニック)
7月8日(土) 場所:神戸(神戸学生青年センター  会議室A)
7月16日(日) 場所:四日市(四日市市市民交流会館 第1会議室B)
7月23日(日) 場所:福岡(クローバープラザ 505研修室)
9月16日(土) 場所:名古屋(愛知県青年会館 第6会議室)
10月29日(日) 場所:東京(大田区産業プラザPio)予定

講師:中川一郎 タッピングタッチ開発者、タッピングタッチ協会代表

受講料:1万円(会員9000円)※沖縄会場のみ8000円(会員7200円)
受講資格:タッピングタッチ基礎講座Aを修了していること
定員:40人※沖縄会場のみ20人

申込み:メール、FAX、またはお電話にて、協会まで以下の情報をお知らせください。
①名前、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤メールアドレス、⑥ご希望の講座名、
⑦受講した基礎講座Aの日付と講師名。
後日事務局より、受講料振込み先をお知らせします。
※最小実施人数に満たない場合はキャンセルもあるのでご了承ください。
※なるべく開催日の一カ月前までにお申込みください。 

2017年アドバンス講座一覧チラシ 

各講座のチラシはこちら

 

 

岡山赤十字病院での体験講座

2017/01/19インストラクターより

 昨日は岡山赤十字病院で、地域医療連携室主催の勉強会で体験講座を行いました。ほやほやインストラクターの中嶋さんからのご紹介です。
 参加者は看護師、生活相談員、ケアマネージャーなど20名程度。さすが医療・介護の最前線で活躍されている方々です。本当に熱心にタッピングタッチに取り組む様子に感動しました。感想の中で最も多かったのが「今日一日の疲れがとれた」というものでした。やはりストレスフルなお仕事なのだと今さらのように実感。メンタルヘルスにもどんどんタッピングタッチを活用したいです。
 緩和ケアで働く看護師の方もいらっしゃり、やはり頑張って早く基礎講座BCが開催できるようにならなければいけないと思いました。

【中谷優子 認定インストラクター 岡山県】