活動レポート(ブログ)

BLOG MENU読みたいブログカテゴリーをクリックしてください

姉のサポートを通して感じる事

2018/04/20協会より

  今日は認定インストラクターである姉をサポートしながら感じたことを書きたいと思います。
 
 私は姉が認定インストラクターになって活動し始めた2016年秋頃の体験会からサポートを続けています。
 今まで「体験会」しか開催してこなかった姉が、今回初めて4月15日に「基礎講座A」を開催しました。総合病院勤務だった時は激務だったのでとても難しかったのですが、この4月クリニック勤務へと働く形を変えたことにより、可能になった時間を有効活用して開催できました。

 体験会だけでは伝わらなかったタッピングタッチの深い部分に触れることができて、参加されている皆さんの真剣さも伝わるとても充実した内容の基礎講座でした。体験会だけでは伝えきれない、基礎講座の大切さを改めて感じることができました。

 やはり講座に参加するにあたり、受講料を支払っているというのも一つのポイントのように感じます。受講されている皆さんの1つでも多くのことを習得したいという姿勢が伝わり、質問もたくさんいただきました。またビデオを見る事を通して、受講生の方の興味がもっとわいてくるようにも感じました。

 体験会の良さは気軽に体験していただけること。まずはタッピングタッチを知るきっかけであることは確かなのですが、体験会だけでは「良かった!=継続しよう!」にはなかなか繋がらないように感じました。やはり基礎講座を通してもっと深くタッピングタッチを知っていただくことで、より実生活に活かせるものになっていくと私は感じます。実際、体験会開催後と基礎講座開催後では書籍やCDに興味を持つ方の数が違いました。もっと深く学びたい!活かしたい!という気持ちの表れのように私は感じました。

 姉に聞くとやはり体験会は気軽に開催できるので開催しやすかったそうです。でも今回基礎講座を開催してみて、講師という重圧はあったものの基礎講座の必要性をとても感じたそうです。また沖縄でもインストラクター養成講座が開催できるように基礎講座を積み重ねていきたいと意気込んでいます。

 インストラクターの皆さん、ぜひ一歩踏み出して基礎講座を開催してみませんか?今とても必要とされている優しい心に響くふれあいをタッピングタッチで広めていきませんか?

事務局スタッフ 海老原祥子

初めての基礎講座A講師デビュー

2018/04/19インストラクターより

~初めての講師デビュー~ 認定インストラクター益山加奈子

今日は、タッピングタッチ基礎講座A講師デビューの日でした😊
体験会は、何度もやらせてもらってたけど 講座は初めて‼️
ここ数日は、緊張して イメトレの日々(笑)
参加者は、10名💕
男性も4名いて、メンバーは医療者が多くいました‼️
受講生の皆さんの優しさに助けられ なんとか終わりました🙏

私も講座ができて、楽しい時間でした😊❤️

〜受講生の方々の感想〜
💫安心感を受けたり、与えたりできるケアの一つとして良いと思った。
💫やりながら無になった時が、相手にも心地イイ時間になっていたようです。
💫人に触れられる機会がないので新鮮な体験でした。軽いタッチにも関わらず、大きな効果を感じました。
💫入院されてる患者さんにリラックスしてもらえるように、実践したい。
💫タッピングタッチをする方、される方 それぞれが優しい気持ちになる。
💫思った以上に気楽にできるので理解を深めたい。
💫やり方を聞いてるときは、こんな軽いタッチで癒されるのか?と思ってたが、やってもらうと 咳は止まり、眠くもなり、身体はリラックスされていて驚きました。
💫受講生の反応も聴くことができて、質問の回答により知識も深まり興味が湧いてきました。自分のケアにつながるのは、継続できるポイントだと思います。
💫想像以上に安心感を得られました。
💫体の痛みを全くゼロにはできないが、痛みによる不安が和らいだのか、動きが良くなりました。タッピングタッチ受けてる間は、痛みを感じませんでした。
💫フワフワした感覚で、お母さんのお腹の中ってこんな感じかなー?って思った。
💫15分だけど、すごくゆっくり自分を認めてくれてると思える時間だった。
💫仮眠をとったみたいな感覚になった。

沖縄でタッピングタッチを広めていきたい!!という思いから5月13日、えら部フェスにも 《タッピングタッチ体験会》で出展します‼️ ブースの番号は、30です❣️
興味持った方は、ぜひ❤️無料ですよ

えら部フェス申し込みフォーム

http://www.erabuu.okinawa/introduction_10.html

タッピングタッチ基礎講座A申し込み

https://reserva.be/mizuki201113

看取りから新しい仕事へ

2018/04/19中川一郎より

みなさんお元気ですか? 春になりましたが、とても寒暖の差がはげしい
ですね。私たち人間の活動によって、ますます地球環境が厳しくなって来て
いるようですが、気候の変動の大きさを肌身で感じています。

 それと近頃は、病気や調子の悪い人が多いようで、複合汚染の影響かと心
配になります。とにかく健康でいなければ良いこともできないので、しっか
りと生活を整え体調管理をするようにしています。みなさんはいかがお過ご
しですか?

 さて、久々のお知らせですが、近況報告をさせてください。ぼくは、ちょ
うど二年前に大学での仕事を辞めて、タッピングタッチに力を入れてきたの
ですが、その間に私生活においてもたくさんのことがありました。

 その中でも一番大切な出来事は、両親の介護と看取りでした。去年の7月
に母を亡くし、今年の3月に父が他界しました。母は長い闘病生活でしたか
ら厳しいこともありましたが、介護や見取り、そして僧侶としての法事も含
め、とても貴重な体験でした。

 二人とも高齢でもあり、大往生してくれましたので、生きることそして死
ぬことに関してたくさん教えてもらいました。親とのつながりをとり戻し、
人の人生や死というものを深く感じることができ、人間的にもだいぶ成長し
たように感じています。

 私たちは本来素晴らしい存在であること、死ぬときは何一つ持っていけな
いこと、そして生きることはかけがえのない素晴らしいことであることな
ど・・・ 貴重な学びを大切にしていきたいと思っています。

 そしてもう一つお知らせですが、今年度から大阪経済大学人間科学部の教
授として働くことになりました。もう大学での仕事は終わったと思っていた
のですが、再びそういうめぐりあわせになりました。

 今、教育の現場はいろんな意味でとても厳しいですが、これまでの約40
年の臨床心理の学びと実践を活かして、次の世代、心のケアの専門家の育成
の手伝いをしていきたいと思っています。

 そして、みんなでしてきたタッピングタッチの実践や検証をとおして、タ
ッピングタッチが今の時代の私たちにとても役立つものであることを確信し
ました。地球規模での厳しさが増すなか、世界の人々が本来のやさしさや思
いやりの心をとり戻し、支え合えるよう、本腰をいれてお手伝いしたいと思
っています。

 そんなことが大学という教育の場を活かして出来るのではないか、という
のが今回の仕事の大きな動機でもあります。ぜひみなさんと知恵と力を合わ
せて歩んでいきたいので、どうぞよろしくお願いします。(できればいろん
な教育機関、医療機関、施設や団体などとも連携できればありがたいです)

 ちかいうちにいろいろとお知らせや呼びかけをさせてもらいたいと思って
いますが、とりあえずは、大学のキャンパスでタッピングタッチに関する講
座や研究会などを始めていきたいと思います。興味のある方がおられたら、
ぜひ気軽にご連絡ください。大阪経済大学は、大阪・梅田からも近く、けっ
こう便利ですよ^^

 まだどんなことをしていくのかなど未定のことが多いですが、「子育て・
家族・学校プロジェクト」も形にしていきたいと思います。現在、福島と東
京の学校などでも実践とリサーチが企画されていますが、ぜひ身近な所でも
進めたいです。ぜひ一緒に話したり、楽しく活動したりしましょう

 悪いことが多い時代のようですが、そのぶん良いことをたくさんしていき
ましょう。もちろんタッピングタッチ協会のある中部地方や、大勢のインス
トラクターさんが活躍する関東など含め、全国での活動を活発にしていきた
いと思いますので、よろしくお願いします。

中川一郎(一音)

タッピングタッチで心身の労いの時間を

2018/04/12インストラクターより

~学校保健委員会でタッピングタッチ~インストラクター白鳥志保

こんにちは!
長文失礼いたします。
東京から静岡に転居しましたインストラクターの白鳥志保です

ご報告が少し遅くなってしまいましたが、年度末に、スクールカウンセラーとして勤務している小学校で、低学年のお子さんのお母さんたちと一緒にタッピングタッチをしました。お写真がなくてすみません。先生方が素敵なシーンをとってくださっていたのですが、宝物のようにお写真をもっていらして、まだ私の手元には届いていません

保健室の先生からの依頼で「親子のコミュニケーション」が、少しでもよりよいものになるようにスクールカウンセラーから、保護者に役立つことを話してほしい、とテーマをいただきました。
何かをお話させていただくことも一瞬よぎったのですが、普段自分のことよりも子供のためにと日々頑張っておられるお母様お父様方に何かを言葉で伝えて、頭で考えてもらうような内容よりも、ここはやっぱりタッピングタッチで心身の労いの時間をとることが、心のゆとりにつながり、お互いを大切にし合えるという家族のコミュニケーションとして本当の意味で役立つのでは、と思い、保健室の先生にお伝えしたところ、先生も「心と身体はつながっていますものね!大切なことですね」と快く賛同してくださり、共通理解したうえで、相互タッピングを体験していただく機会とすることしました。当日、最初はかなり静かな雰囲気で
・子供は毎日通っている場所ではあるけれど、やや敷居が高くて、学校自体になかなか来る機会がなかった。担任の先生ともっといろいろ話してみたいなあと思っているんだけど、なかなか・・・。こちらからお願いすることも躊躇してしまって・・・。学校に連絡することも、思いきらないとなかなかできなくて。
・知らないお母さんたちばかり。普段あまり家の近く人と話したりということがないので・・・。と、固い表情で緊張していらっしゃった方が多かったように思います。お母様方の第一声を聴いて、この日の学校保健委員会が、保健室の先生お手製の素敵なチラシに誘われて保護者が自然に学校に来られる機会となったことだけでも、うれしいものだなあと思いました。

タッピングタッチについて、まずはスライドを使って短くお伝えしました。その後さっそくのデモのあと、相互タッピングを体験していただきました。
体験後は、皆さんの表情がふんわりとやわらかい感じで会話もはずんでにぎやかになり、終わりの時間がきたことを伝えるのが申し訳ないくらいでした。

参加された方からいただいた感想です(後日回収)。
・初めてタッピングタッチを体験しました。やさしくタッチされているだけで、とても気持ちが良くなりリラックスできました。家でさっそく子供たちにもタッピングタッチをためしてみたら、子供も「気持ちいいね!」と言ってくれてとてもうれしかったです。子供の成長と共にふれあう時間が少なくなってきてしまいますが、時間を見つけて親子のリラックスタイムをつくっていきたいと思います。
・今回参加をして本当に良かったと思いました。いつも時間に追われるような生活をしています。ちょっとした時間に家族とのふれあいやリラックスができるなあと思いました。このような機会をいただき、ありがとうございました。
・タッピングタッチは初めてでした。とても気持ちが良かったので、身近で大変な想いをしている人や、仕事で疲れている友人にもしてあげたいなあと思いました。もちろん自分の子供にもやってあげたいです。
などなど

私自身、参加された方々との時間を通して、多くの人が、人とのつながりやふれあいを本当は大切にしていきたいと思っているのだということをあらためて実感し、その手段や機会を発信して地域全体を元気にしていくお手伝いをしていけたらと思いました。
勤務してまだ1年目のこの地域での基礎講座の開催をこれから計画しようと思いました。ますます楽しみです💛

長文失礼いたしました

タグ:

無意識に無になれる感覚

2018/04/05インストラクターより

~タッピングタッチ基礎講座C@静岡~

インストラクター中田利恵

静岡市のAmi助産院にて、ケアタッピングを十分に体験していただくタッピングタッチ基礎講座Cを行いました。

・とても気持ちよかったです。
・無意識に無になれる感覚と体のリラックスと両方が味わえました。
・アットホームな雰囲気も、とてもいいですね。

などの感想をいただきました。
保育士、セラピスト、特別支援学級の養護教員などのご参加でした。対人支援に関わる方々がタッピングタッチの良さを知って下さる事は嬉しいですね。
横になって行うケアタッピングは、本当に癒されるものです。
Ami助産院の心地よく清々しい空気感も、心地よさを増してくれたと思います。
亜美さん、いつもありがとうございます